CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
今日も平戸で庭ぐらし 終戦の日
0

    昨日までの猛暑は、台風の移動とともに北風に変わり、久しぶりに過ごしやすい1日でした。

    明日からはまた、夏日が戻ってくるようなので、体には気をつけなければなりませんね。

     

    今日、川内港の横を車で通ると、7,8艘の船が風をよけて停泊中。

     

       

     

    川内港が風待ち港として使われるのは、南蛮貿易の頃からだそう。

    以来、ずっと風待ちの港として知られるのは、周辺の地形がほぼ維持されているからなのでしょう。

    今日は、小型のタンカーとおぼしき船ばかりでしたが、これが南蛮船だったら、と空想の雲ががふわりとよぎるような。

     

     

     

    74回目の終戦の日。

     

    2,3年前は、世の中が戦争開始前の状況に似てきているので注意しよう、という話がよく聞かれましたが、今年は不思議とそのような話がありませんね。

    私の目や耳に触れていないだけなのかしら。

    何やら、次の段階に進んでいるのではないかという気がして、怖いのですよ。

     

    ナチの中枢として名をはせたヘルマン・ゲーリングは、

    「一般市民は戦争を望んでいない。しかし国民を戦争に参加させるのは簡単だ。国民には、他国から攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心が欠けた人物と評し国を危険にさらしていると言いさえすればいい。」

    何か思い当たるような昨今ではないでしょうか。

     

    74年間、とにかく平和を維持してきたこの事実に感謝し、尊いものと思う気持ちを大切にしたいですね。

     

     

     

    お盆も最終日を迎えました。

    台風で早々に切り上げた方も多いのではないでしょうか。

    我が家は、天国から帰省中の両親と若くして亡くなった兄がこれから戻るので、このブログを書き終わったら送り火をたきます。

     

    お名残惜しいですけれど、また来年の再会(?)を楽しみに、送り出しまする。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今日も平戸で庭ぐらし  あづい。。。
    0

      判っているから、もう言わないで。

      というくらいの暑さです。

       

      我が家もここ数日、異例の30度超え。

      しかも湿度が常に70を超えているので、「あづい。。。」ことこの上なし。

      愛知県時代の友人からの手紙。

      「保冷剤をタオルにまいて首の後ろに当てておくと涼しいよ!」

       

         

       

         

       

      こんな具合ですわね。

       

      前は結ばず、首に掛けておくだけ。

       

      やはり!というか。

      酷暑の愛知県の住人のご教示はさすがの感あり。

      重宝しております。

       

       

      さて。

      台風10号。

      ノロノロなので、台風がもたらす暑さが長引いていますが、いよいよ明日辺り日本を上陸、横断の気配。

       

      長崎市では精霊流しが出来るだろうか?と言っていますし、甲子園は明日は中止。

      新幹線も動かないようです。

      今日明日、移動を予定されていた方も多いでしょう。

      それだけで無く、台風が大雨を連れてくるようです。

      どちら様もどうぞお気をつけて。

       

       

       

       

       

      私、今日の新聞の広告で「掃除婦のための手引き書」という本が出版されたことを知り、これは私のための本か?と思うてしまいましたの。

      ところが、よ〜く調べてみたところ、愕然とする背景があり。

      暑いと言っていられないその背景に、ちょと打ちのめされておりまする。

      そのうち、1ヶ月ほど先になるかしらん。

      よ〜く整えて書くことにいたします。(珍しく予告)

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | 日記 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      今日も平戸で庭ぐらし 長崎原爆の日
      0

        今日、長崎は74回目の原爆の日を迎えました。

         

        今日も1日暑い日でした。

        あの日も、との思いが頭から離れません。

         

        6日の広島の原爆の日には、広島市長さんが「おかっぱの頭(づ)から流るる血しぶきに 妹抱(いだ)きて母は阿修羅(あしゅら)に」という歌を引用しての平和宣言でした。

         

        今日、長崎の平和宣言では、田上長崎市長は、わかりやすく平易な宣言文をゆっくりと読まれました。

        若い人たちに伝わるように、そして多くの人たちの心に届くように心を込められたように思いました。

         

        平和宣言文では、広島の市長さんも長崎の市長さんも、国が核兵器禁止条約への署名・批准しないことに触れています。

        多くの人が核兵器が無い世界を望み、この条約への参加を求めているのにもかかわらず、国はあたかも「無知な国民には判らないことがあるのだ」と言わんばかりの対応ですね。

        やるせない思いです。

         

         

        長崎の原爆の日の式典では、最後に「千羽鶴」という合唱曲で締めくくられます。

        歌詞は全国からの公募。

        曲は、長崎出身の大島ミチル氏。

        とても美しい曲です。

         

        この曲のことは昨年も書いたのですが、東北の震災で作られた「花は咲く」のように、もっと一般に広まってもよいのではないかと思っています。

        原爆の悲惨さを忘れないためにも、当事者だけでなく多くの人々が共有する依り代のような歌になるならば、と思うのです。

         

         

         

         

        今日はお墓掃除に。

        行きも帰りも、同様にお墓の掃除に行く人済ませて帰る人とすれ違いました。

        持っている荷物が皆ほとんど同じなのですぐ判りますね。

        知らない同士なのに、なんとなく会釈をしたり。

         

        お盆が近づいてきました。

        この暑い中大変なのですが、居住まいを正すというか整える節目というか。

        大切に思ってやれる内は、頑張ろうと思うております。

         

         

         

         

         

        | 日記 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        今日も平戸で庭ぐらし 立秋
        0

          今年は少し遅いのでしょうか。

          我が家のカレンダーによると、今日立秋だそう。

           

          立春になったらすぐ暖かくならないように、立秋になったからすぐ涼しくなるわけではないのは充分承知をしていますが、それにしても暑いですね。

          台風9号10号の影響もあるのかもしれません。

          熱中症にならないよう、気をつけて過ごしませう。

           

          気象庁の会見で、「エアコンを使わない」という選択肢はないと思ってほしいと言っていました。

          かなり強烈な警告ですね。

          来年のオリンピックス、案じられます。

          (当ブログでは、オリンピックスと複数形にしています。OlympicsあるいはOlimpic Gamesに見られるように複数形を使うのが自然だと考えるからです)

           

           

           

           

             

           

          おや、写真を撮ったときにはもっと明るかったのに。

          川内地区の田んぼ。

          まだ緑の部分の収穫は9月頃になると思いますが、黄色くなっている部分はすでに稲穂が垂れて収穫間近の様子。

          新米の季節の到来が待ち遠しいですね。

           

             

           

          クサギの花が咲き始めました。

           

          クサギはその名の通り葉に強い匂いがあるためですが、若葉は山菜として食用になるそうです。

          食べたことはありません。

          美味しい、という人がいますが、葉の匂いから試してみようという気分になれず。

           

          花はご覧の通り可愛らしい。

          このあと紺色の実がなり、美しい青い染料になります。

           

          この花も、夏が盛りを過ぎかかっている頃に咲くので、希望の花。

           

           

           

          そういえば。

          明治初頭に日本各地を旅行したイザベラ・バード。

          スタートは9月だったか、夏の終わりがけだったと記憶します。

          その当時でも日本が暑かったのには変わりなく、あちこちで人々が裸か裸に近い姿でいるのを見て野蛮だと憤慨していましたっけ。

          だんだん旅を重ねる内に行く先々で出会う人々の人情に触れて日本を好きにになるのですが、そうだよね、エアコンの無い時代、裸になるのか・・・?と妙に感心したり納得したり。

           

          私の子供の頃は、さすがに女性はそんなことは無かったけれど、おじさん達はそれに近いことはあったね。

          そんなことも思い出して、ちょと笑ってしまった立秋の今日でもあった。

           

           

           

           

           

           

           

           

             

           

           

           

           

           

             

           

           

          | 日記 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          今日も平戸で庭ぐらし 台風
          0

            平戸直撃かと心配した台風でしたしたが、大過なく過ぎ去りました。

            昼頃、雨脚の強いときが一時ありましたが、風はたいしたことなく。

            今、少し雨が降ってはいますが穏やかな夕べを迎えています。

             

            しかし、平戸は無事でしたが九州をほぼ縦断しましたから、各地で被害があった様子。

            特に雨の被害が酷かったようです。

            また、台風が呼び込んだ蒸し暑さは半端ではなく、熱中症が多発している由。

            どうぞお気をつけてお過ごし下さいますように。

             

             

             

            今日は広島原爆の日。

            3日後の9日は長崎に原爆が落とされた日。

            そして15日は終戦の日。

             

            先月末辺りからテレビ、新聞、書籍等々、戦争や平和関連の特集が目白押しです。

            近年新たに判ってきた事実も多く、戦争を実際に体験した人たちが高齢となり、最後の語り部として明らかにした事実もあり、一方で科学の進歩によってわかった事実もあり。

             

            若い頃は、この時期、戦争関連の特集ばかりになるのがうっとうしいと感じたこともありましたが、それを受け止めることも鎮魂なのだと思うようになりました。

             

            欧米の映画でも、戦争のことを扱ったものが増えているように感じます。

            私がそのような映画に惹かれて見ているだけかもしれませんが、ネオナチの台頭などを踏まえ、意識的にあの過ちを繰り返さないように警告しているのではないかと感じています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 日記 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今日も平戸で庭ぐらし 夫撃沈、妻は?
            0

              夫。

              この暑さに対抗出来ないそうです。

              負けた・・・とバテバテの態。

               

              梅雨が長く、その間の涼しさを享受している内に体が夏を迎え撃つファイトを忘れていたのかもしれぬ。

              梅雨、明けた途端の高湿度、ですものね。

              私だって、負けそ。

               

              おまけに。

              台風北上中。

              昨日までは平戸を狙って来ているのではないかと訝しむほどの予想コース。

              今日の予報では、やや東に寄りそうですが、油断は出来ません。

               

              とはいえ。

              妻はバテてばかりはいられませぬ。

              多少の手抜きは勘弁してもらうとして、食べないと、ね。

              こればかりは待っていても目の前には出てこず。

              頑張る。。。 

               

               

               

                 

               

              新鮮市場のお米売り場にこんな幕が。

              お盆を過ぎれば新米がお店に並びます。

              このような幕があると、秋近しの気分に。

               

                 

               

              野菊の一種、ヨメナが咲き始めています。

              秋の花ですが、今年は早い。

               

              先日から再三書いていてくどいようですが、紫蘇の穂が出来はじめていますし。

              ツクツクボウシは盛んに鳴いていますし。

              きっと秋は近いに違いない。

              妻はこの思いを心の支えにこの暑さに立ち向かっておりまする。

               

               

              皆様、どうぞお体にお気をつけてお過ごし下さいませ。

              水分補給はこまめに。

              日本茶インストラクターの私が言うのも変なのですが、お茶は利尿作用があって脱水につながりやすいため、この時期の水分補給には日本茶をお勧めしていません。

              もちろん、食後やおやつにお茶を召し上がっていただいてよいのですが、汗をたくさんかいたあとの水分補給には経口補水液のようなものを。

              お茶系の飲み物の方がよいという方には、ミネラルを含む麦茶をお勧めいたします。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              | 日記 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              今日も平戸で庭ぐらし この実何の実気になる実
              0

                 

                 

                   

                 

                今、庭に盛んに落ちてくる実です。

                 

                紅玉リンゴのような色合いでかわいらしい。

                どの木から落ちてくるのかしら?と上を見上げてみるものの判らず。

                不思議な実、です。

                 

                大きさは親指の先ほどの大きさ。

                どなたかご存じの方、教えて下さりませ。

                 

                 

                 

                梅雨が明け、それでも湿度が高いすっきりしない日が続きました。

                体がついて行きませんね。

                夫は早くも夏バテモード。

                ツクツクボウシは鳴いているし。

                夏はもう終わりがけ、の気分だそうですが。

                明日から8月。

                まだひと頑張りもふた頑張りも要りそうです。

                どうぞ皆様、お体にお気をつけて。

                 

                スーパーに行くと。

                いつもはお見かけしない素敵なマダム風の女性がちらほら。

                よそに出ておられた方や、その奥様とお見受けしています。

                都会の洗練された風を纏ったお姿と、対照的に日に照らされて茶色く焼けたわが身を比べてしまいますが、それはそれで仕方がないこと。

                せめて、背筋を伸ばして彼女たちの前を歩こうと思うております。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 日記 | 18:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                今日も平戸で庭ぐらし 今日の長崎新聞より
                0

                  今日の長崎新聞20面「記者の目」。

                  担当は佐世保支社の古瀬小百合氏。

                  テーマは「地方の何を守るべきか」。

                   

                  長崎新聞をお読みになれない方もあるかと思いますので、全文ご紹介します。

                   

                   

                  「何を残せば、みんなの『好きなまち』が残るのかを考えなければ、結局何も残らない」。

                  先日、佐世保市内で開かれた地方の生活と文化を考える講演会。

                  日本版「WIRED」の元編集長の若林恵氏の言葉を聞き、将来の佐世保のまちの姿を考えさせられた。

                   

                  若林氏はテクノロジーの視点から生活や社会、文化の未来について考えるメディアに携わってきた。

                  文化を残すために必要なこととして昔の手法を継承すること、時代に沿って更新することの2つを挙げた。

                  地方の文化を語るには、『整理して考えないと都合のいいときにだけ、文化を持ち出しかねない」と懸念も語った。

                   

                  10年後20年後の地方のまちはどのようになっているのだろう。

                  全国的に人口減少に歯止めがかかっておらず、方言や地域の祭りが消えている可能性は高いと思う。

                  一方、テクノロジーの恩恵で、暮らしは都会にも遅れていない「快適さ」が実現しているかもしれない。

                   

                  コミュニティー、自然、産業・・・。

                  私たちは何を守るべきなのだろう

                  その何かが、まちの個性につながるのではないか。

                  答えを出すのは容易ではないが、考える工程を怠れば、まちは育たない気がする。

                   

                   

                   

                   

                  どうでしょうか?

                  なかなか含蓄のある考察だと思いました。

                  平戸も佐世保の問題としてではなく我が町の問題と置き換えて考える必要があると思います。

                   

                  ここ数年で人口がグンと減り、一方で大きな資本が入ってまちの様子が変わるかもしれないという噂が。

                  よくなるならいいのですが、人任せにしていると平戸が平戸でないようなまちになってしまうかもしれません。

                  今しっかりと考えるとき。

                  でないと、平戸の個性が失われる可能性を危惧しています。

                   

                   

                   

                   

                  さて。

                   

                     

                   

                  デュランタの花が咲き始めました。

                   

                     

                   

                  椿の実がたくさんなっています!

                  ほしい方、連絡下され!

                   

                   

                   

                  | 日記 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  今日も平戸で庭ぐらし 特に何もないのですけれど3
                  0

                    平戸は、先週梅雨明けいたしました。

                    明けたのは水曜日だったか木曜日だったか。

                    以来、すっきりとした夏空かと言えばそうではなく、湿度が高いどんよりとしたお天気が続いています。

                    今朝も雨が降りましたし。

                    変なか(変な)夏です。

                     

                    でも。

                    今年の夏は短いかもしれぬ。

                    紫蘇の穂が上がり始めているのは先日書いたとおりですが、数日前、庭掃除をしていると何と!もう!ツクツクホウシの鳴き声が。

                    例年はお盆過ぎ頃から鳴くのが習い。

                    植物も昆虫も季節の変化を計りかねているようです。

                     

                       

                     

                    庭の鹿の子百合が咲き始めました。

                    鹿の子百合は環境省のレッドリストに載っているそうですが、平戸の武家屋敷の庭にはたくさんあって、増えすぎではないかと思うほどでした。

                    ところがここ10年ほどは、イノシシが鹿の子百合の根を食べてしまい、まさしく絶滅危惧状態に。

                    昨年などは、我が家の庭では鹿の子百合は1つも咲かず、これで我が家の庭からは鹿の子百合は消えてしまったかと残念に思うておりました。

                    でも、したたかに残っていたようで、春に芽を出しているのを発見。

                    根元をテッポウムシに食べられないよう注意をしていたところ、数株につぼみが付いて花が咲き始めています。

                    嬉し。

                     

                    やはり庭にあるべきものは、ずっとあるのが理想です。

                    昨年、鹿の子百合が1つも咲かなかったときは、何やら先祖に申し訳ない気分に。

                    とりあえず安堵。

                     

                       

                     

                    毎年恒例の桔梗も咲いています。

                     

                     

                       

                     

                    平戸では、先週子供達の英語キャンプが開催されました。

                    いいね!

                     

                       

                     

                    昨日午後、図書館からの眺め。

                    とてもきれいなヨットがスーーーッと走って行きました。

                    案外速いものですね。

                    帆を張っていないので、エンジンで走行していたのかも。

                     

                       

                     

                    ちょと田舎ネタなのですが。

                    新鮮市場のドアが自動ドアになりました!

                     

                    この入り口のドアは、最近でこそあまり苦労をせず開いていましたが一時は「んんん〜」と言いながら開けていた時期もあったね。

                    でも、高齢の人も多いし、障害がある人にとっても自動ドアの方が断然よいでしょう。

                    この自動ドア、最新式で手を触れずとも近づけるだけで開く仕組み。

                    嬉し。

                     

                       

                     

                    その新鮮市場で「万願寺とうがらし」が出ていました。

                    元々は京野菜ですが、平戸でも栽培されるようになったのね。

                    牛肉との炊き合わせが美味しい。

                    とうがらし、と名前は付いていますが、辛くはありません。

                     

                       

                     

                    ウルメイワシは、6月のお楽しみですが、今年はあまり平戸方面への回遊がないのか店頭にでるのが少ない。

                    ようやく見つけて山椒の実とともに炊きました。

                    まだ小さくて、とてもお刺身にはなりません。

                    もう少ししたら、大きくなるかしらん?

                    ウルメイワシは、酢味噌で食べるととても美味しいのですが。

                     

                     

                       

                     

                    来年のことを言うと鬼が笑う?

                     

                    2020年1月12日(日)島原市有明総合文化会館にて。

                    「舘野泉ピアノ・リサイタル」が開催されます。

                    2002年、リサイタルの最中に脳梗塞をおこされ、以来右手の力が奪われましたが、大変なご努力の末、左手のみでの演奏を続けておられるピアニストです。

                    平戸から島原は遠いので我が家は行くことがかないませんが、お近くの方、是非。

                    とても左手だけでの演奏とは思えぬ華麗さです。

                    舘野氏は、82歳。

                    お元気で何よりですが、お体をご大切にと祈らずにはいられません。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 日記 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    今日も平戸で庭ぐらし 特に何もないのですけれど2
                    0

                      雨続きなので、外仕事も無し。

                      家の中で何か特別なことがあるわけでもなく。

                      以前、毎日のようにブログを書いていたのが不思議なほど。

                       

                      あの頃は。

                      ネタがなくてもひねり出すことに快感を覚えていたね。

                      それはそれで、よい頭の体操でしたが、昨年肺炎に罹ったあと、「もう、力づくというのは止めよう」と思いました。

                      毎日欠かさず書いておられる方には頭が下がる思いですが、私はスローな道へ。

                       

                      というわけで

                      今日は「特に何もないのですけれど」。

                      でも、台風が平戸の西を通りましたので、何人もの方からご心配を頂きました。

                       

                      平戸は、それほど酷いことは無く。

                      雨風が強いと思ったこともありましたが、概ね無事に過ぎました。

                      ただ、台風は平戸から離れていきましたが、南からの湿った空気を呼び込んでいるため、雨が断続的に降っていて蒸し暑いです。

                      明日辺りで梅雨が明けるなどと言われていましたが、今週末くらいにずれ込みそうですね。

                       

                      平戸は大したことがありませんでしたが、同じ長崎県内の五島や対馬は線状降水帯に当たり、相当な豪雨だったようです。

                      崖崩れの様子がテレビのニュースで流れましたが、大変な様子。

                      あとからもう一つ台風が来そうなので、心配をしています。

                       

                      平戸をご心配下さいました方々にはお気遣い頂き、お礼を申し上げます。

                       

                       

                       

                      何か面白い話題をと新聞をめくってみましたが、京都の惨劇と言ってよいほどのニュースに打ちのめされるような気分です。

                      ほかの話題やニュースが暗い雲で覆われるような。

                      やるせない思いです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 日記 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/225PAGES | >>