CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
今日も平戸で庭ぐらし だいぶ元気になって来た!
0

    肺炎。

    侮るべからず、です。

     

    個人差があるかもしれませんが、正直、退院してからの方が体力が失せ、2週間もごろごろしてしまった。

    ようやく、人並みの生活に戻りつつある、なう、です。

     

    肺のウィルスと戦うのは存外に身体のエネルギーが失われる、とか。

    ウィルスを叩くための点滴が結構強いので、後から肝臓が悲鳴をあげてだるくなる、とか。

    そんなだるさの理由をネットで発見(よほど皆さん堪えるようで、いろいろ流れています)、ファイトが出ない理由を錦看板のように掲げつつ、ごろごろしておりました。

     

    それにしても。

    入院が決まる時って、「あ」も「う」も無いのよ。

    お鍋に煮ものが残っていて、などと叫んでもダメなわけ。

     

     

    入院した初めは、結構元気だった。

    そこにスタッフの方がみえ。

    「あの〜。言いにくいのですが。

    もしも、の時なのですが。

    どの程度の延命を希望するか、この用紙をお渡ししておきますので、時間のある時に書いておいてください。」

    鎮静剤をどれくらい使ってほしいか?

    人工呼吸は?

    胃ろうは?

    などなど。

    今は、そういう時代なのね。

     

    「痛みが有ったら痛みは取り除いてほしいが、あとは自然に」に丸を付けました。

    複雑。。。

     

    とはいえ。

    先生方も、スタッフの方も気持ちよく、納得いく対応をしていただいたし。

    設備もよいと思いました。

    お風呂にも入れたし。

    図書室があったのがよかった!

    藤沢周平全集があって、まだ読んでなかった「一茶」がゆっくり読めた。

    (もっとも内容は結構衝撃的で、芭蕉と同じ世界観だと思っていたのが崩壊した)

     

    ごはん。

    病院のご飯ってこんなんなのね。

    入院する時は、糖分とか塩分とかの問題がなければですが、自分のテッパン調味料(こればあればどうにかなる!)を持っていく方がいいかもね。

    マヨネーズ、好みの麺つゆとか、梅干しとか。

    どういう組み合わせでこの味になったのか!わからん、という料理もあって。

    もう少し美味しくして体力つけさせてくれ〜と叫びたいほどだった(涙)。

     

    というのが、私の入院物語。

    結果は、よくなったので、めでたし、と思うております。

     

     

     

    さてさて。

    あと数日、たまった用事を片付けまして。

    週末にはブログらしい内容をお届けしたいです。

     

     

    何人もの方から、ご心配を頂き、心よりお礼を申します。

    とてもとても力づけられました。

    本当に、ありがと!!!

     

     

    | 日記 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今日も平戸で庭ぐらし 夏バテだと思っていた
    0

      お盆過ぎから気だるい毎日。

      てっきり夏バテだと思っていた。

       

      9月に入った或る朝。

      息が出来ないほどの胸痛。

      驚いて病院に行ったところ、肺炎と胸膜炎になっていました。

      熱、なかったのに。。。

       

      即入院。

      その後、無事退院して1週間以上経ちましたが、

      まだ食欲わかず、体力・気力も戻らず。

      御無沙汰をしております。

       

      ブログの事も気になっておりましたが、しばし、お休みを頂戴したいと思います。

      こんなブログでも楽しみにして下さっている方があり。

      ごめん。。。

       

       

       

      | 日記 | 10:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      今日も平戸で庭ぐらし 8月も終わり
      0

           

         

        今年もこの乙女ギボウシが咲く時期になりました。

        ほぼ毎年、ご紹介。

         

        ギボウシは、大葉、中葉、小葉とあって、葉が大きいのは6月に、中葉は夏の暑いころ、そして小葉は夏の終わりごろに花を咲かせます。

        軽石に植えてその後植え替えもせず6,7年になりますが、ずっと元気。

        かわいい。

         

           

         

        先日、「新兵器」としてご紹介した草取り鎌。

        7月上旬に草を取って以来ほったらかしなのに、この程度。

        以前なら、2カ月放置したら、通行不可能になっていたところ。

        やはり、あの「新兵器」、大したものです。

         

           

         

        これがその「新兵器」。

        ガツッと草の根元に打ち込んでグッとテコの要領で引き上げると、草が根こそぎ抜ける、というすぐれものです。

         

        徳島県勝浦の大久保鍛冶屋さん製。

        電話は0885−42−2144

        2000円くらいです(ほかに消費税、送料)。

         

           

         

        今日の長崎新聞に平戸に移住して菜種油を作っている「たねのわ搾油所」が紹介されていました。

        嬉し。

         

        「平戸は自然や食文化、歴史がとても豊かで国内でも有数の魅力ある土地。

        『田舎だからしかたがない』という考えは捨てて、地域資源を活かした商品開発やサービスの向上など『平戸だからこそできること』をもう一度考えることが必要ではないか。

        行政まかせにせず、地域の1人1人が『質の高い田舎』の良さを発信すれば、さらに磨きがかかるはずだ。」

        と「たねのわ搾油所」のオーナー青木さんの言葉が紹介されていました。

         

        青木さんは、いつも思慮深く、着実で、しっかりと未来を見つめておられ、オバサンとしてはお話をするとき、背筋がピンと伸びる気分になるのです。

         

        昨年ご紹介した菜種油は、着実に販売ルートが広がっている様子。

        しかも、よいところに置いていただけているようなので、嬉しい。

        近々、ゴマ油もできそうです。

        楽しみですね。

         

         

         

        8月も終わりに近づき、小さなムカデがあちこちに出没する季節。

        ご注意ください。

        ムカデばかりは、子供だからと言って可愛い、ということはないね。

        特に、古民家にお住まいの方、ご用心。

         

         

        さーて。

        明日から9月だよ〜。

        お盆明けから夏バテを口実にさぼっていた外仕事もせねばなるまいて。

        さぼり癖がついて、ファイトが湧きませぬ。

         

         

         

        | 日記 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        今日も平戸で庭ぐらし 命の水
        0

          昨晩は、雷雨。

          植物が求めていた雨。

          秋雨前線が南下し始めた証しでもあり。

           

          明けて今日。

          何となくムーっとする湿度の高い空気ではあるものの、これで秋が来るのなら耐えてみようかという気分。

           

             

           

          夏になるとよく飲むコーラ。

          今年は、とりわけよく飲みました。

           

          普段はそんなに飲まないのですが、夏の暑いときとか、心底疲れた時とかに無性に飲みたくなる時があります。

           

          飲むようになったきっかけは、数年前、バーのようなところにお誘いいただいた時。

          せっかくお誘いいただいたのだけど、その時はもうアルコールは要らない気分で。

          ジンジャーエール貰おうかしらん?と思った所、「ではコーラ差し上げましょうか?」の声。

          コーラねえ、そういえばコーラって最近飲まないなあ、飲んでみようかしらん。

          というわけでコーラを注文。

          縦長のおしゃれなグラスにクラッシュアイス。

          太めのストローに、これまたおしゃれにスライスしたレモン、といういでたちのコーラ。

          その美味しかったこと!

          高かったかも、と冷や汗を感じつつ、とてもよい気分だったのでした。

           

          以来、時折コーラ。

          特に夏の暑い時。

          炭酸のパチパチ感と甘さが身体に染みわたり。

          スポーツドリンクが苦手なので、コーラは私の命の水、となりました。

           

          先日、スーパーで我が家に時折入ってもらう庭師さんの奥さんにバッタリ。

          暑かったですね、ちょとおやせになりました?

          と声を掛けると、食欲が無くて、6キロも痩せちゃって・・・。

          コーラばかり飲んでいました、と。

           

          おやおや、ここにもコーラで命を繋ぐ人が。

           

           

          子供の頃、初めてコーラが店に並び始めたころ。

          薬みたいな味だとか言って、肝試しのように飲んだことを思い出します。

          また、あれはコカインが入っていて中毒になるとまことしやかに言う人もいましたっけ。

          そのコーラが、こんなに日常になじんでしまうとは。

          あの頃、想像もしませんでしたね。

           

           

          さて、8月も明日で終わり。

          暑さはまだ続くでしょうけれど、山は越えた、と思う。

          希望が出てきた一方、深刻な夏バテはこれから、ということもあります。

          どうぞお体に気をつけて。

           

          収穫の秋、楽しみたいですね。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | 日記 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          今日も平戸で庭ぐらし 無題
          0

            日が暮れるのが早くなってきましたね。

            今日は、7時半時点で真っ暗。

            台風19号20号が連れてきた暑さと湿気からなかなか解放されない毎日ですが、それでも日が短くなり、秋が近づいている、と思いたい。

            一方、紫蘇の穂がまだ上がる気配も無く。

            微妙。

             

             

            元SMAPの香取真悟君が帝国ホテルに、自分でデザインしたお洋服のお店を出したそう。

            ブランド名は、ヤンチェオンテンバール。

            オランダ語だそうです。

            やんちゃとお転婆、という意味だそう。

            ということは?

            やんちゃ、とか お転婆ってオランダ語だったの?

            知りませぬでした。

             

             

            2016年に平戸の中野窯跡が日本遺産になり、このブログに書いたことがありました。

            それが、ここ1ヶ月、よく読んでいただいている様子。

            何が受けたのかは、よく判らないのですが。

            その時の記事はこちら

             

            その中で、平戸に収蔵館があるとよいね、と書きました。

            今でもその思いはあって、商店街の空き家を利用すれば、平戸の歴史的建造物の特徴を見てもらいながら、平戸に残る歴史史料も目にすることが出来て。

            観光スポットになり、平戸の大切なものを散逸から守ることもできるでしょう。

            スタッフや運営者の問題は、いっそ役所の文化遺産課も丸ごとそこに移してしまう!とか(世間知らずオバサンのセリフまるだし)。

            でも、せっかく貴重な中野焼きのコレクションとか。

            いろいろあるので、検討の価値はありそうな。。。

             

            そう思っていたところ、今日の西日本新聞3面の「消えゆく文化財」。

            テーマは、過疎化や高齢化で保持できなくなった仏像や焼き物、絵画などを寄贈したいと言う話が全国的に増えている、というもの。

            その数が半端なくて、絞り込みをせざるを得ない状況。

            しかし、絞りこんでみたら、実は大切なものを見落として流出に繋がってしまう、ということにも。

            どうする?

            というのが今日の記事の大まかな所です。

             

            人口減少の問題は、こんなところにも。

             

            とはいえ。

            平戸にも、古くからの家が沢山あります。

            最低限、その家に伝わる貴重な史料が、よくわからないまま燃えるゴミ、不燃物などになって失われるなどということが無いように、と思いますね。

             

            それから。

            空き家の問題。

            古い家をただ古い家とひとくくりにするのではなく、概ね100年ほど経っている家については解体したり人の手に渡す前に1度、きちんと調査して委員会などの審議に掛けるほうがよいのでは?

            よい建物については、それなりの活かし方をする方が平戸の益になると思いますよ。

             

            平戸はよいものが沢山あって、どれから手をつけたらよいか判らんとよ。

            という話があります。

            沢山あることが即、平戸の価値。

            沢山あるからやらない、というのはもったいないことです。

             

            観光資源をみがく、とか。

            シビックプライドの醸成、とか。

            ちゃんとやれば、平戸は勝ち組になれるのに。

            言うだけでは何も動きません。

            少数の人の強い思いだけでも難しい。

            多くの人が同じ思いを持たなくては。

            そこに主役脇役は無く、ただ役割分担があるだけです。

             

            勝ち組になれる可能性を秘めている。

            と、満足してン10年。

            そろそろ脱皮をしようよ。

            と、オバサンは思うのですよ。

             

            京都を見てごらん!

            よいものが沢山あるからどれから手をつけたらよいか判らん!

            などとは決して言わない。

            ちゃんと価値を精査して、稼げる町になっているじゃない。

            それどころか。

            今や、どんなものにも稼ぐ種を見つけて、なお一層稼げる町になっているでしょう。

             

            平戸と京都とは違う。

            という反論について。

             

            確かに平戸と京都とは違います。

            違うから、平戸にも稼げるネタがあるのです!

             

             

             

             

            | 日記 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今日も平戸で庭ぐらし あれこれ 暑いよ!!!
            0

              夏が暑いのは当たり前。

              暑い暑いと言うのはおよしなさい、と母は言っておりました。

              でも。。。やはり時代は変わった、よね。

              暑い。。。

               

              とはいえ。

              昨日までの纏わりつくような湿度が今日は薄れ、空気の中に微かな秋の気配。

              嬉し。

               

               

              お昼前買い物に出かけると、そうそう、今日は第4日曜日。

              商店街では軽トラ市。

              6回目。

               

                 

               

              朝、始まったころは雲が広がっていましたが、お昼前ころはピーカンの晴れ!

               

              おや、軽トラでお茶を淹れているの?

              急須が見える。

              と覗いてみると。

               

                 

               

              知り合いのお茶屋さんでした。

               

              会ってしまったからには、何か買わねば、と物色。

              秋の気配が感じられるようになると、身体も気分も旨味が濃厚なお茶を求めるようになりますしね。

              東彼杵のお茶を専門に扱うお店なので、やはり東彼杵のお茶を買うことに。

              東彼杵のお茶は旨味とお茶の苦み渋みのバランスがよいことが特徴。

              近年は若いお茶の生産者が頑張っている地域でもあって、メディアでもよく取り上げられるようになりました。

               

               

               

              ここ数日、あまりの湿度と気温の高さに閉口し、昼過ぎは図書館へ。

              最近の地域づくり手法のトレンドなどを探っておりました。

               

              でも、結局は。

              口先ではない「やる気、本気、根気」。

              ここに尽きるようで、トレンドなどは2の次の世界。

               

              やっぱりね。。。といたく納得してしまったのでした。

               

              「やる気」を出し、「本気」で取り組み、「根気=根性」があれば、途中行きすぎや道の迷いがあっても何も臆することは無いように思います。

              そして、地域をよくしたい、と思う強い気持ち、でしょうかね。

               

              どうでもいい、という人が多い地域はなかなか難しい。

               

               

              今、お茶の生産地として頑張っている東彼杵は、やはり生き残りを賭けて若い人たちが頑張っています。

              海外展開をしたりして、そこには若干の「トレンドに乗る」部分もあるでしょうけれど、根底にあるのは、口先ではない「やる気、本気、根気」だとお見受けしています。

              そして、上手に競争をしている様子。

              近年は、メディアでも取り上げられるようになり、品評会で上位に入り、よい歯車が回り始めているようです。

               

               

               

              さて。

              平戸も9月からは秋の観光メニューが始まります。

              よい秋になりますように。

              観光客にとって、だけでなく平戸に住む人が誇れる町に。

              口先だけでなく(=総合計画に書くだけでなく)、「やる気」を出し、「本気」で取り組み、「根気」を見せて、積みあげる。

              そこには、主役も脇役も無く。

              そういう始めの1歩の秋にしたいですね。

               

               

                 

               

              東彼杵のお茶で一服。

               

               

               

               

                 

               

              佐賀で額縁を作っている方の展示会があるそうです。

               

              額縁は、実はなかなかよいものに出会うのが難しい。

              中に入れる絵との相性もあり、部屋の雰囲気との釣りあいもあります。

               

              でも、この額縁は、すーっといろいろな絵を取り込んで、人の気持ちにもすんなりとより添ってくれそうです。

               

              佐賀市水ヶ江1−2−16

              PERHAPS/パハプス

              水・木は休み

              0952−27−6262

              で、ご覧になれます。

              来年の2月まで、月替わりでテーマがあって展示替えがあるそう。

              9月のお題は「夏の思い出」

               

                

               

               

               

               

               

               

               

              | 日記 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              今日も平戸で庭ぐらし 処暑なんて大ウソ!
              0

                暦の上では、昨日から処暑。

                暑さもそれなりに落ち着いてくる頃、という意味ですが、なんとなんと暑いこと。

                 

                お盆が過ぎ、何もしたくない気だるい日々を過ごしておりましたが。

                お盆の後、やや気温が下がって来たので体調も戻りかけて。

                よしよし、と思ったのもつかの間。

                台風19号が連れてきた蒸し暑さ、へこたれました。

                 

                ノックアウトされたものの、ようやく立ち上がりかけたところに再度パンチをくらったような。

                 

                それにしても新潟県の40度、というのは驚きましたね。

                何よりも新潟県にお住まいの方々、びっくりなさったことと思います。

                そして、台風の多さ。

                直撃された徳島県でこのブログをお読みになっておられる方。

                大丈夫だったかしら。

                案じています。

                 

                そのほかの地域でも、大雨の被害など大変なことです。

                どうぞお気をつけて、お過ごしになられますように。

                 

                平戸は、こんなに台風がウロウロしているのに雨が降らず。

                植物や農作物が悲鳴を上げています。

                そういえば、お魚も海水温が高いためか、釣れないのだとか。

                 

                大変な夏だった(過去形?)。

                予報では、9月も暑くて秋は遠い、と言っておりました。

                紫蘇の穂がまだ上がって来ないところを見ると、まだしばらくは暑く、予報は当たるかも。

                やれやれ。。。

                 

                好物のカップヌードルも食べる気が起こらず、コーラで命を繋ぐ日々。

                皆さま、どうぞお体に気をつけて。

                あと1ヶ月、がんばろう!

                 

                んんん。。。

                がんばれるだろうか!

                 

                ムリかも。。。

                 

                ムリだったらどうなる?

                わからん。。。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 日記 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                今日も平戸で庭ぐらし 無題 実は夏バテ
                0

                  例年のことではあるけれど。

                  それでも昨年はまだ元気だった、と思う。

                  ブログ、まともに書いていましたもの。

                  今年は、完全撃沈。。。

                   

                   

                   

                  それでも、びっくりしたことがあった。

                  15日夜。

                  晩ご飯食べようとテーブルに付いたとたん。

                  視界左端にフワフワと浮遊するものあり。

                  なぬ?と観察すると。

                  フカヒレの姿煮のような形。

                  しかもプリズムのようにキラキラと輝き、しかも輝いているのはフカヒレだけ。

                  そのほかは普通の見え方をしておる。

                   

                  ヤダヤダヤダ!

                  どうなっているの???

                  と、テレビを砂嵐にして、視野が欠けていないか?

                  直線はちゃんと見えているか?

                  と確かめるも、ちゃんとしているよね。

                  なら、あのフカヒレ、何〜?

                   

                  丁度天国からお盆で帰省中(?)の両親の位牌に手を合わせ、どうしよう!と相談をしたところ、フッとフカヒレは消えてしまって。

                  余計そういうのって怖いのよ。

                  どうせ消すなら、位牌の前から立ち上がったころ合いをみて、消してよね。

                  そんなことをぶつぶつ言いながらも、その後何も変わったことなく。

                  心配を残しながら、夕食続行。

                   

                  でも、ちょと心配だった。

                  調べてみると、どうやら目ではなくて脳のようで。

                  ヤダヤダ、これまた余計心配になって来た。

                   

                  というわけで。

                  夫に連れられ、人生初めて脳神経外科というところに行った!

                  ドキドキしたね。

                   

                  先生にフカヒレの話をして、はたして判ってもらえるだろうか?

                  気が変なのではないかと思われるのもかなわん。

                  と思いきや。

                  ああ、閃輝暗点ね、とすぐ理解してもらえて名前まで付いていることに驚いた。

                  そういうことって、頻繁にとまでは言わないものの有るらしくて。

                  脳のMRIを撮ってもらい、幸い問題は見つからず(アルツハイマーの兆候もなく)夏バテだったかもね。

                  というところで、無罪放免。

                  。。。。。

                   

                  そんな日々をこのところ送っておりました。

                   

                   

                   

                   

                  立秋を迎え、お盆が済み、少し暑さも和らぎ。

                  まだ暑い日は有るでしょうけれど、ひと山越えたように思います。

                   

                   

                   

                  先日、平戸図書館は開館3周年を迎えました。

                  ここ数日は、昼ごはんを食べた後のひととき、図書館にお籠り。

                  涼しいし、ちょと読みたい本もあって。

                   

                     

                   

                     

                   

                     

                   

                  なかなかよく出来た図書館です。

                   

                  藤原建築アトリエ(東京)の設計。

                   

                   

                   

                  最近ブログの更新が滞りがちですが、体力気力が充実せずなかなか文章を書くほうへ向かえません。

                  しばらくは、このような状態が続きそうですが、お許しくださいますようお願いします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 日記 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  今日も平戸で庭ぐらし 長崎原爆の日
                  0

                    今日8月9日は、長崎市に原子爆弾が投下された日。

                    それから73年経ちました。

                    あの年に生まれた赤ん坊が、高齢者といわれるような年齢になる年月を経て、未だに核兵器の恐ろしさを教訓とすることなく、その威力に魅せられる人々がいることに恐怖を感じています。

                     

                    1年前、国連で採択された核兵器禁止条約を唯一の被爆国である日本が批准しないことが問題になっています。

                    今日の記念式典でも、参列した安倍首相を前に、長崎市長をはじめ何人もの人がスピーチの中で批准しないことに触れていました。

                    なぜ、批准できないのか、については、批准をしないと決めた人の言い分も有るのだろうと思うのですが、多くの日本人にとって、それでも、という気持ちをぬぐうことは難しいのではないでしょうか。

                    批准しないわけを、多くの日本人が納得できる形で示して欲しいものです。

                     

                     

                    長崎での式典の最後を締めくくる「千羽鶴」という合唱曲。

                    被爆50年の年に詞を公募で選び、大島ミチルさんが曲にしたもの。

                    東北の地震災害の後作られた「花は咲く」みたいに、もう少し広く知られるようになってもよいのに、と今日の式典を見ながら、ふとそんな気がしました。

                    とてもきれいな曲ですし、次世代に原爆の悲惨さを伝承する1つの方法としてよいのでは?

                     

                     

                     

                       

                     

                    明後日(8月11日 土曜日)。

                    長崎市平和会館ホールにて 1400時〜。

                    長崎平和音楽祭が開催されます。

                     

                    先年、平戸市出身のソプラノ歌手・松口ようこさんが作詞家・門谷憲二氏とタグを組み完成させた「被爆のマリア」をメインに、広島女学院に所蔵されている被爆ヴァイオリンの演奏など。

                     

                    原爆投下の日と終戦記念日の間に当たる11日。

                    平和である幸せと、平和を紡ぎ続ける大切さに心を寄せるひととき。

                    問い合わせは平和音楽祭事務局 095−823−9373(津田さん)まで。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 日記 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    今日も平戸で庭ぐらし 立秋
                    0

                      今日は立秋。

                      例年、立秋とは名ばかりに暑いですね、などと御挨拶を交わしたりするのですが。

                      今日は明け方から、まさしく秋を思わせるような冷風が吹き込みました。

                      日中は、流石に暑かったけれど、それでも風は乾燥して涼しく、嬉しい1日でした。

                       

                      おそらく台風13号の影響でしょう。

                      東京も今日は涼しかったとの報。

                      ずっと暑い日が続いていたので、一息ついたように思います。

                       

                       

                         

                       

                      水引草が咲き始めました。

                      小さな花が風に揺さぶられてピントが合わず、こんな写真になってしまいましたが、中央縦にぽつぽつと赤い点があるのが花です。

                      秋の訪れを感じさせる水引草。

                      あと1カ月は暑い日々を過ごさなくてはならないでしょうけれど、植物は、日の長さなどを敏感にキャッチしながら秋に向かっています。

                      私たちも、それを気持ちの支えにしながら、後しばらく、頑張りませう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 日記 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/188PAGES | >>