CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
今日も平戸で庭ぐらし あれこれ
0

    どこもここも暑い毎日。

     

    豪雨による被災地でボランティア活動の人々には頭が下がる思いです。

    平戸市からも市役所の職員の方が支援に出向かれたそう。

    被災した方も、支援する方も、どうぞお気をつけて、と祈っております。

     

    それにしても連日の暑さ。

    テレビでは、命の危険があるので・・・と言うようになりました。

    気をつけて過ごしませうね。

     

    こんな時は睡眠が1番とばかり、夜ふかしオバサンも早寝の毎日。

    その上、昼ごはん後にひと眠りしないと次の行動に進まないのは、我ながらあきれます、です。

    でも、身体が資本ですものね。

     

     

     

       

     

    新鮮市場にて。

    ブルーベリーが沢山。

     

    毎年、夫はこの時期をとても楽しみにしています。

    ブルーベリージャムに限っては、家で作る方が断然新鮮味が感じられ美味しい。

    以前は、レモン果汁を加えたりラム酒を入れたりしていましたが、今はお砂糖のみ。

    鍋にブルーベリーとお砂糖を入れ火にかけ、皮が実から外れたら間髪入れず火から下ろし、ザルなどで濾して出来上がり、という簡単な作り方です。

    勢い冷蔵庫に入れていても日持ちはしませんから、2,3日で食べきってしまいます。

     

    1カップ200円から250円くらいです。

     

     

       

     

    プティに桃のタルトが出るようになりました。

     

    プティでは、Tさんが納得のいく桃が入荷した時のみこのタルトが出来るので、常時あるとは限らないのですが、出会ったら是非。

    桃のタルトは、試行錯誤の末、今年はものすごい完成度の域に達したと思いました。

    思わず口に運びながらうめいた。

     

    平戸という西の果ての地に住みながら、どこにでも通用する完成度を目指し達成する力量にはいつも驚嘆するのです。

    これを都会で出したら、どうなるのだろう。

    平戸で、だからこそ工房でもくもくと精進を重ねられるのだろうか。

     

    食べさせてあげたい人はあまたあれど、送ること叶わず。

    食べたければ是非平戸へ。

    だからこその価値でもありそうです。

     

     

       

     

       

     

       

     

    延ばし延ばしにしていた山アジサイの花がら摘みをしました。

    確かに花がらではあるものの、この花の最後にはこんな色が潜んでいたのね、というような色合いがあり。

    しばし見とれました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今日も平戸で庭ぐらし 日傘男子
    0

      今日の西日本新聞を読んでいたら。

      埼玉県では熱中症予防対策に、男性でも日傘を差しやすい環境づくりを展開しているのだそう。

      いいじゃないですか!

       

      私の父は、50年近く前から日傘を差していました。

      雨傘を差していたのかって?

      いえいえ、ちゃんと男性用の日傘、日本橋丸善で売っておりましたよ。

      父が差していたのは、濃いベージュ色の傘でした。

       

      女性の日傘は、雨傘よりやや小ぶりだったりしますが、男性の日傘は、雨傘とそれほど違いないと思います。

      帽子では防げない身体全体への熱を緩和してくれるので、日傘はとても有効。

      父が日傘を差す姿を変だと思ったことはありませんでした。

      なかなかいい感じ、でしたもの。

       

      西日本新聞では。

      埼玉では県の推進運動が功を奏して日傘男子が増えてきているそうですが、九州では日傘を男性が差す文化が広がらず、福岡市のデパートでは苦戦している、と報じています。

       

      車に乗ることが多い地域ではあまり必要ないかもしれませんが、外を歩く機会が多い方にはお勧め。

      帽子は頭部だけしか守れませんし、第一、頭が蒸れて暑いでしょう。

      日傘は、もっと上半身を覆うように影を作ってくれますから、より熱中症対策に有効です。

       

      1度、売り場に行ってごらんになると、案外こんな傘なら差してみようか、と思えるような傘に出会えるかも。

      出会っても、実際差して歩くのが恥ずかしいでしょうかね。

      それならば。

      ゴルフの時、日傘、差すじゃないですか。

      そう考えてみたら。

       

      私は、男の方が日傘を差して歩く姿、好き!ですよ。

       

      おや。

      あんたに好かれるために日傘は差さん!

      と言う声がどこからともなく。

      夫?

      の声ではなかったね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | 日記 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      今日も平戸で庭ぐらし 蝉、鳴いた!
      0

        今朝起きると。

        高い木の上から蝉の鳴き声。

        よかった!

        レイチェル・カーソンではないけれど「沈黙の夏」になるのではないかと心配しました。

         

         

        平戸でも、いよいよ本格的な暑さ到来、の予感。

        南の方に台風がいますし、湿った南の空気が入ってきているのやもしれません。

        今日は暑かった。

         

         

        さて私。

        これからほぼ毎日、草取り生活。

        あまりトピックになるようなことも起こらず、ひたすら草を取り、ご飯を作って食べ、寝る、の生活になりますゆえ。

        ブログ、飛び飛びになるかもしれませぬ。

        毎日書くことを自分に課すのも1つの生き方ですが、あまりひねり出すように書くのもお読みになる方に申し訳ないですもの。

        ぼちぼち、というところでお許しを。

         

         

        この秋から東京交通会館に平戸のアンテナショップが始まるのだって。

        よいニュースです。

        平戸には沢山よいものがありますが、だからと言って外の人がそれをどう受け止めるかは別の話しになります。

        よいものなら黙っていても売れる、という時代ではないものね。

        東京の人がどのように評価するのか?どうしたら評価するのか?

        これは、地元の観光にも通じること。

        平戸はよいところだから来てね、というのは平戸の思いですが、外の人がどう評価するかは全く別物。

        平戸の外の人の求めるものに応えてこそ。

        そんなことを考え、作戦を練る意味でもよいチャンスだと思います。

         

        そうそう、東京交通会館には、静岡県がすでにアンテナショップとして美味しい日本茶が飲めるブースを開設しています。

        とてもおしゃれな空間で、本格的な日本茶が頂けます。

        他県のことですが、私、日本茶を飲んでね、というのがお仕事なので、お許しあれ。

         

         

         

         

         

         

         

        | 日記 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        今日も平戸で庭ぐらし あれこれ
        0

          今日の日本農業新聞を読んでいると。

          今回の大雨、田や畑やハウスが随分と傷んでしまって。

          水の流入だけでなく、流木も一緒になだれ込んだ様子が写真で紹介されていました。

          原状復帰に時間がかかるだろう、というだけでなく離農に繋がるのではないかと心配されている、と。

           

          平戸も。

          我が家はそれほど大変なことにはなりませんでしたが、それでも庭中、吹き飛ばされてきた小枝や葉っぱが散乱しています。

          ある程度乾かないと片付けにくいので放置していますが、気分が滅入ります。

          平戸南部の方は、台風の被害が大きかったようで、屋根が傷んでしまった家もあるようです。

          1週間経った今、耳に届くようになりました。

           

          甚大な災害の直後に猛暑で大変ことです。

          どうぞお体をご大切になさいますよう。

           

           

           

           

          随分前のことですが、博多の書店で、読み出したら夜も寝られないほど面白い数学の本、というようなタイトルの本が目にとまり、手にとってページをめくったことがあります。

          なぜなら、私、数学、大嫌い。

          あえて言うなら、代数が嫌い。

          幾何の方は、クイズを解くような面白さがあり、加えて中学3年生の時、幾何の証明の書き方をしっかり鍛えてくれた先生がいたので、代数よりマシ、かしらん。

           

          そんな数学嫌いでも、この本を読んだら面白いかもしれない、と髪の毛一筋ほどの期待がありました。

          が。

          トンデモなかったね。

          読みだしたらすぐ寝れそうな本、だった。

           

          よく言われることですが、苦労して微積分を学ぶ必要があるか?

          そんな疑問が新聞の読者欄に投げかけられ、それに対しての4つの意見が紹介され、面白く読みました。

           

          微積分、よね。

          微分はまだよかったけれど。

          積分、イヤだったなァ。

          何の役に立つのか、全く見えてこなかったものね。

          長じて。

          夫と一緒になって初めて、微積分を役立てながら仕事をする人に出会った。

          ならば、その稼ぎで生活したので、私も微積分の恩恵に浴したのかもしれません。

          ちゃんと役に立った、ということ?かも。

           

          微積分を学ぶ意味についての4つの意見に加え、専門家の意見も。

          曰く。

          「社会で必要性を感じてからでは学ぶ機会が乏しい。数学は数千年かけてつくりあげられてきた人類の英知で、その普遍的真理は至極の芸術。(微積分を)若いうちに触れずに終わるのは、実にもったいないのです。」

           

          そういうこと、なのね。。。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | 日記 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          今日も平戸で庭ぐらし 無題
          0

            10年ほど前までは、梅雨は7月の20日前後に明けるものでした。

            早い年でも15日は過ぎていたでしょう。

            でも最近は10日前に明けることも。

            今年も昨日明けましたし。

             

            蝉が間に合わない様子。

             

            蝉は、梅雨が明けました!とばかりにジージー鳴くものですが、今年はまだ。

            えっ!もう少し後だと思っていたのに。。。とバタバタと準備中なのか。

            はたまた明けたと思っている梅雨が実は明けていないのか。

             

            半夏生(はんげしょう ドクダミ科)は、6月下旬から7月の初旬にかけて葉が白くなります。

            葉が白くなると半夏生の語源は半化粧なのだ、などとこのブログでも書くのですが、今年はいつ白くなったら良いのか迷っている様子。

            夏を迎えたと言われつつ、辺りは何だか変。

            都会に居ると判りにくいかもしれませんけれど、変です。

             

             

            今日のニュースを見ていると。

            雨は止み、天気になったのに突然川に濁流が押し寄せる映像が。

            新聞では、豪雨の真備町から幼い子を乗せて車で脱出した女性が「雨が、意志を持って追いかけてくるように感じた。どこまで行っても逃げ切れないんじゃないかと。」と語っている様子が報じられています。

             

            とにかく、注意して注意して暮らさなくては。

            そんな思い。

             

             

            その中で。

            タイの洞窟に閉じ込められた子供達、全員救助されたとのニュース。

            よかった!

            子供達、よく頑張ったね。

            本当に、よかった!

             

             

             

            | 日記 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今日も平戸で庭ぐらし 梅雨明け!
            0

                 

               

              九州北部、梅雨明けしました!

               

              とはいえ。

              各地での大雨による災害の尋常ならざる様子を見ると、言葉もありません。

              「平成30年7月豪雨」と名前が付いたそうです。

              名前が付くほど酷い豪雨だったということですね。

              何かしらの被害にあわれた方々へ、心よりお見舞いを申し上げます。

              1日も早い復旧を、と思いますが、これからの暑さの中。

              お身体をおいといくださいますよう。

               

               

               

               

               

               

              平戸は、朝からよく晴れたので、久しぶりに外に洗濯ものを干しました。

              乾燥機で乾かすのと太陽の日差しで乾かすのと、取り込む時の香りが全然違います。

              この香り、久しぶり。

               

              昨晩、赤カマスの酢〆を作ろうと思いお腹を開けると。

              おや、3匹とも卵入り。

               

              いま、産卵の時期なのね。

              こういう時のお魚は美味しい。

              酢〆にも期待が持てます。

               

              さて、卵。

              捨てるのはもったいないほど新鮮。

              新ショウガとしぐれ煮にしようか、などとしばし思案。

              で、ふと思いついたのが。

              ヒョロっとした卵なれど粒が小さくクリーム色。

              こういう魚卵は、カラスミ、作れるかもね。

               

              魚の卵にもいろいろあり。

              グレーのは大抵煮ても美味しくありません。

              赤いのは、粒が大きいことが多い。

              イクラや飛び子やハタハタの卵みたいなの。

              これは美味しいね。

              そして、クリーム色できめが細かいのは、煮て美味しくカラスミにも。

              ボラの卵はカラスミの代表格ですが、ほかのお魚でも出来ます。

              でも、カマスの卵は小さいし。

               

              腕組みして眺めることしばし。

              カラスミしかないだろう、との結論。

               

              塩をして出てくる水気をティッシュで吸わせながら1時間。

              よく水洗いをして塩気と水分をぬぐい。

              ひたひたの焼酎に漬けて冷蔵庫。

               

              明けて今日の朝。

              お天気、いいではないですか!

               

              何せ小さいのですぐ干しあがりました!

               

                 

               

              さっきつまみ食いした。

              予想外の美味しさ。

               

              これから、飲みまする。

               

               

               

               

              | 日記 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              今日も平戸で庭ぐらし あれこれ
              0

                3日間このブログをお休みしている間の、何と「あれこれ」だったことか。

                予想もしておりませぬでした。

                 

                まず、何と言っても、大雨。

                毎年のように言われる「50年に1度」や「100年に1度」の言葉。

                もういい加減に「今年も」と言い換えた方がよくはないかしらん、と思えるほどです。

                 

                平戸もよく降ったようですが、その数日前の台風の方がひどくて、雨は降ったけれどそれほどではなかったよう。

                「よう」と言うのは、平戸におりませんでしたの。

                久留米のお寺の和尚様が交代される、ということで、その前にお経をあげていただくお約束をして久留米へ。

                行くつもりが、福岡が大雨で行く手を阻まれ、武雄で足止め。

                そのまま、2日間温泉につかっておりました、です。

                 

                テレビのニュースでもあちこちの川の濁流が映し出され、恐ろしいほど。

                まだ、安心はできませんね。

                梅雨明けまで、気をつけて過ごしませう。

                 

                 

                オウム関連の死刑が執行されたニュース。

                1度に7名だったのは衝撃的でした。

                若く優秀な人たちが、冷静になってみれば自分の愚かさを悔いる知性を持ちながら、なぜあの時は?と残念でなりませんね。

                その心の変遷を深く研究するために執行が早すぎたのでは?と論評が出ています。

                彼らを擁護するつもりはなく、早すぎるかどうかもわかりませんが、論評の言うとにも何かしらの共感を感じます。

                「若気の至り」がこんな危うさを秘めていたことに今でも驚きを禁じえません。

                 

                 

                 

                   

                 

                今日、佐賀県有田町の「Nu ヌウ」で開催されたヌウ喫茶。

                 

                Nu ヌウは、有田町にあるお洋服屋さん。

                このほど「いろいろなことが広がっていく場であってほしい、と小さい広場をつくりました」。

                ということは?

                喫茶コーナーが始まるのかなァ(よくわからない)。

                そういう広場が出来る、と言うことかもしれない。

                ともあれ、それを記念して「Nu ヌウ喫茶」というのを今日やるのだって、そんなご案内があったのでした。

                ケーキは、プティ。

                コーヒーは、長崎の珈琲人町。

                器は陶芸家・竹下梨沙さん。

                メンバーもすごいし、何よりもDM葉書がすごくおしゃれ。

                 

                我が家は行きたいけれど、大雨で行く手を阻まれ何だか疲れちゃって。

                今日は1日家にお籠り、有田には行かなかった、けれど。

                (行きもせず書くのか!と、おっしゃる向きもあろうかとは思いますが、お許しを)

                 

                実は、昨日こちらに帰ってくる道すがら立ちよったお店のあちこちで、このDM葉書が置いてあり。

                このイベントをとても楽しみにしているよう。

                 

                だよね。

                こんなDM葉書見せられたら、それはそそられます。

                 

                   

                 

                有田のベーグル屋さんにて。

                 

                明日のNu ヌウ喫茶たのしみ!とひとしきり、この話題で盛り上がり。

                 

                   

                 

                右上の8の字から時計回りに。

                プレーン

                レーズンと林檎

                チョコレートとおから

                餅麦(8の字)

                紅茶とホワイトチョコ

                 

                どれも美味。

                 

                   

                 

                カウンターにそえられたマイクロビオラ。

                 

                今日行ったかなァ。

                 

                 

                 

                 

                 

                   

                 

                帰宅すると、おや、山アジサイ。

                ガクが無いけれど、きれい。

                 

                   

                 

                母が植えたアガパンサスも咲き始めました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 日記 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                今日も平戸で庭ぐらし 夜が明けてみたら。。。
                0

                  夕べは楽勝!と思って寝たのでした。

                  雨戸閉め切っているので、外、見えなかったし。

                  それでも隙間から見る外の様子は、ま、これくらいならね、と思ったのに。

                   

                  朝起きてみたら。

                  まず、車の登り口が大きな倒木でふさがっていたし。

                  一面、葉のついた小枝が散乱し。

                  これはしばらくかかりそう、なう。

                   

                   

                  大橋から平戸市街地へ続く道。

                  これだけ葉っぱが散らかるのも珍しい。

                  今朝早くから清掃活動が行われていました。

                  通り沿いのホテルも、駐車場を懸命にお掃除していたし。

                  今日の平戸は、皆お掃除の日、だったね。

                   

                  さて、毎日お読み下さっている方には申し訳ないのですが。

                  台風の後始末に加えて父の法事をしなくてはならず。

                  土曜日までこのブログ、お休みを頂戴したいと思います。

                  次回は、日曜日、です。

                  よろしくお願いいたします。

                   

                   

                   

                  | 日記 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  今日も平戸で庭ぐらし 無事です!
                  0

                    台風7号、平戸の西海上を北上し現在やや東方向へ移動中。

                    午後3時ころから6時ころまで雨風がひどかったものの、大過なく過ぎ去ったように思います。

                    明日朝、家の前の道に出てみないと全容がわかりませんが、今のところ大きな災害はなさそう。

                     

                    それより梅雨前線を台風が刺激したため、これからも大雨が降るかも知れず、また四国などすでに大雨が降っている地域も。

                    気を緩めず、気をつけて過ごしませう。

                     

                    今日は時折停電になるので、これでお終いにするのをお許し下さりませ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 日記 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    今日も平戸で庭ぐらし 新兵器
                    0

                         

                       

                      これですの、新兵器。

                       

                      おおっ、あのオバサン、忍者修業か?

                      と思われそうだね。

                      明け方、まだ皆起きてこない頃、黒装束に身を包み、山の中を走り回っていたりしてね。

                      ウソウソ。

                       

                      それにしてもほれぼれするような。

                      徳島県は勝浦町の大久保鍛冶屋さんの手になる「草抜き名人」という道具。

                      鉄をトンカチトンカチ叩いて曲げて。

                      よい道具は美しい、と言われますが、まさしくそう。

                       

                         

                       

                      草取りは、大変な作業です。

                      根から抜かないと地中に残った根から又芽を出すのですが、そんなに簡単に根こそぎとはいかず。

                      しかも、根は深いですからね。

                      手が痛くなったり、腰が痛くなったり。

                       

                      10日ほど前、徳島に住む知人から、お手紙。

                       

                         

                       

                      すごく草取りが楽しくなるすぐれものなのだけれど、要らない?と実物大の絵を添えて。

                       

                      衝撃的でしたね。

                      一目見て、これなら根が深い雑草でも取れそうだ、と思いましたけれど。

                      何だかすごくて、ちょとたじろぎました。

                      私、そそっかしいので、安全に使えるだろうか?ということですよね。

                      でも、やはり、草取り、大変なのですよ。

                      絶対欲しい、と欲は高まり、送って下さるようお願いしたのでした。

                       

                      そして、その2,3日後には手元に届き。

                      外は雨が続いたので、眺め眺め暮すこと1週間。

                      今日、初草取り、いたしましたの。

                       

                         

                       

                      オヒシバ、厄介な夏の雑草の代表格。

                      小さいうちに抜いてしまわねば。

                      と、根元に「草抜き名人」をカツッと打ち込み、テコの原理でグイッとひねると。

                       

                         

                       

                      あ〜ら簡単。

                      根こそぎ、取れました!

                      大成功!

                       

                      しかも、土の中をかき回すからか、その周辺の草もすぐ抜けるようになって。

                      はかどるはかどる。

                      楽しくて、中毒になりそ、というほどです。

                       

                      根の深い草だけでなく、小さな草も、先の方でこそげるようにすれば、すぐ取れますし。

                      石の間、コンクリートの隙間から生えている草も、先端の尖ったところでホジホジすれば取りやすく。

                       

                      このようなものがあるなんて。

                      びっくりしたね。

                       

                      お値段は、2200円です。

                      お魚屋さんの包丁と同じで、使っているうちに短くなって来るのだそう。

                      そういう時の手直しもしていただけるそうです。

                      手仕事の品の強みですね。

                       

                      購入ご希望の方。

                      〒771−4307

                      徳島県勝浦郡勝浦町大字三渓字定岡107−2

                      大久保鍛冶屋

                      ☎0885−42−2144

                      ネットでご覧になりたい方はこちらから。

                       

                       

                       

                      草取りをしながら、ふと見れば。

                       

                         

                       

                      おーや、椿の実がこんなに大きくなっていました。

                      油が採れるのは秋まで待たなくてはなりませんが、沢山実が付いています。

                       

                      今年は、冬が厳しかったため、椿展の時に花が少なくて困ったほどでした。

                      それでも、3月になってバタバタと花が咲いたので、例年とそん色がないほどの実の数になっていると思います。

                       

                      ひどい雨が続きましたが、今日は小休止。

                      台風が来ているので、今週は注意しながらの1週間になりそうです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 日記 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/186PAGES | >>