CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
今日も平戸で庭ぐらし ホウボウ
0

       

     

    ホウボウというお魚です。

    以前にもご紹介したことがあるのですが、もう1度書きたくなりました。

     

    だって。

    ホウボウは、とても美味しいお魚であるにもかかわらず、市場では、300円くらい。

    しかも買い手がつかないことが多く、翌日に値引きのラベルが貼られていることも。

    かわいそ。

     

    お姿が、いけないのでしょうか。

    でも。

     

       

     

    胸ひれは、こんなにきれいなのよ。

    この「きれい」というところがネックなのでしょうかね。

     

    市場では、三枚おろしまではしてくれますから、あまり気にしなくても、と思うたりするのですよ。

     

    ともあれ。

    ホウボウは、お刺身にして美味しいのですが、ちょと手を加え、洗いにすると本領発揮します。

     

       

     

    洗いだったら酢味噌を添えて。

    先日封を切ったお屠蘇も一緒。

     

    しゃぶしゃぶも大変美味です。

     

    そして。

    ホウボウ好きな人は、実は浮き袋が食べたいため、身も食べるのではないかと思われるほど、浮き袋は珍味です。

     

       

     

    浮き袋は、こんなのです。

    市場では、3枚おろしを頼む時、浮き袋も頂戴ね、と。

     

       

     

    針ショウガと共にしぐれ煮。

     

    浮き袋は、しぐれ煮のほか、サッと湯がいて酢味噌で、というのも美味しい。

    ホウボウが新鮮中の新鮮ならば、肝と胃袋(ひっくり返して中身を洗い出します)と一緒にサッとゆでて甘酢で。

    平戸では、酢肝という料理ですが、お酒が進みます。

     

    今度、ホウボウを市場で見かけたら是非、お試しください。

     

     

     

     

     

       

     

    スミレの群生地を発見。

     

    10メートルほどに渡り土手のあちこちに咲いていました。

     

       

     

    近くの木の切り株に。

    落ち椿が集めて載せられていました。

     

    春が急速に春爛漫の時へ向かっているようです。

     

     

     

    | 平戸のお魚 なう | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今日も平戸で庭ぐらし クロムツ
    0

      久しぶりの「平戸のお魚なう」です。

       

         

       

      クロムツ。

      ムツの仲間で、アカムツ(ノドグロ=喉黒)は、テニスの錦織君が好きだというので一躍有名になりましたが、クロムツだって負けてはいない、と思うております。

       

      今、平戸の瀬戸市場にも、新鮮市場にも、旬鮮館にも、ムツ、沢山出ておりますよ。

      どのように調理しても美味。

      且つ、大変お安いのでよろし。

       

      上の2匹、25センチ弱の大きさでした。

      1匹100円だった。

      1匹はお刺身、1匹はお醤油ダレに漬けておいてお茶づけに。

       

      2匹のうち上のムツはお腹がふっくらしているので、卵入りかと期待したのですが、イカを呑み込んだ直後の捕獲だったよう。

      実は、ムツの卵、というのを見たことが無いのです。

      そういえば、卵を見たことが無いので、白子も見たことがないね。

       

      こんなに売られている(ということは、捕れている)のに、繁殖はどうなっているのか?

      旬鮮館で尋ねてみたところ、ムツは、平戸で獲れるのは小さいけれど、もっと大きくなるのだそう。

      どれくらい?と尋ねると、大きいのは40センチを越えるのだって。

      卵が入るのは、それくらいになってからね、と旬鮮館のオバサマ。

       

      ということは、いたいけない子供たちを食べているのか、と複雑な思いになりましたが、でも美味しいのよ。

      お刺身だけでなく、酢でしめても、南蛮漬けにしても、煮付けにしても、天婦羅にしても、バターで焼いても。

      全方向対応型。

      皮を剥がずにお刺身に出来るので楽ちんでもあり。

       

      冬場を迎え、脂がのって一層美味しくなります。

       

         

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | 平戸のお魚 なう | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      今日も平戸で庭ぐらし へダイ
      0

           

         

        鯛のような形をしながら、色が違うよね。

        これは、銀色。

        ピンクが色あせたわけではなさそう。

         

        なんていうお魚?と尋ねたところ、ヘダイというのだそう。

        お安いのですよ。

        30センチくらいで300円くらい。

        これで鯛のようなお味だったらコストパフォーマンスよいのだけど、さてどうかしら?

         

        市場のオジサンに尋ねたところ、脂はのっているよ!と。

        でも「美味しいよ」、とは言わなかったよね。

        そう思いつつ、お値段につられて初めて購入したのが昨年秋のこと。

         

        三枚におろし、皮はつけたまま湯引きにし、お刺身にしてみた。

        なるほど、脂はのっていた!

        でも、風味というか、やはりお姿から鯛と比べられてしまうのは致し方ないこと。

        そういう意味では、ちょと残念感あり。

         

        そういう時は、「漬け(づけ)」。

        お醤油と味醂を1:1でたれを作りお刺身の残りを投入。

        そして翌日。

        華麗なる変身を遂げておりました!

        ヘダイは、茶漬けになるために生まれてきたお魚、だったね!

         

        以来、ヘダイを見つけると、漬け。

         

         

         

        そして今年秋。

        ヘダイの季節到来。

        旬鮮館のオジサマにヘダイは茶漬けが美味しいね、と言うと。

        そうよ、ヘダイは茶漬け、他には考えられん、って。

         

        というわけで。

         

           

         

        今年もヘダイの茶漬け、開幕です。

        お安いし、なかなかのコスパ、と思うておりますよ。

         

         

        因みにヘダイは平鯛が語源だそう。

        そんなに平らな感じではありませんけれど。

        平鯛が転じてヘダイに、ちょと無理があるかもね。

         

        ネットでヘダイの調理法、いろいろ出ていますが、お茶漬けが出ていないので。

        なら、書かねば、と今日。

         

         

         

         

         

        | 平戸のお魚 なう | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        今日も平戸で庭ぐらし 七度洗えば
        0

             

           

          ありがたいことに、イワシの回遊がまだ続いています。

           

          旬鮮館にて。

          今日は、ウルメ(イワシの種類)だね。

           

          20匹購入。

          120円也。

          お安く、美味しく、夫は御機嫌で、大変よろしい。

           

             

           

          今日もお刺身。

          酢味噌で頂きます。

          酢味噌にラー油を加えると、ちょとアジア風に。

           

          イワシは、七度洗えば鯛の味、と言われています。

          意味は、イワシのようにお魚臭いものでも、七度水を替えて洗えば鯛に匹敵するくらい美味しいお刺身になる、ということ。

          鯛には、絶対なりませんことよ。

          ただ、7度水を替える、というのはあながちウソではなく、7度目で丁度よいくらい、それ以上ざぶざぶ(?)洗うとイワシ本来の味も失われてしまいます。

          洗う時は、我が家では6度は普通の水で、最後の7度目は大量の氷を入れて〆めています。

          後は、キッチンペーパー5枚重ねの上に広げ、水分を切ってお皿に盛ります。

           

             

           

          昨晩は、満月でしたので、パチリ。

          雲ひとつない夜空でしたが、今日は朝から雨。

          途中、かなり激しく降りました。

           

          先ごろ集中豪雨に見舞われた福岡県南部周辺にも、またの大雨だったよう。

          雨雲は、これから東の方へ向かうと言っていますので、どうぞご注意くださいますように。

           

           

           

           

           

           

          | 平戸のお魚 なう | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          今日も平戸で庭ぐらし 北風が吹いて
          0

            北風が吹いて、8月ながら本格的に秋の気配が感じられるようになりました。

            まだ暑い日はあるでしょうけれど、先が見えた、の気分(甘い?)。

             

               

             

            北風が吹き始めると、海の色が明るい青から群青に近くなるよう(な気がする)。

            数日前から、アゴ(トビウオ)捕りの小さな漁船が沢山出ています。

             

            昨年は、全国的なアゴだしブームに乗って、随分とよいお値段でアゴが取引されたよう。

            漁師さんにとっては嬉しい年でしたが、平戸の加工業者は、とても手が出ずに大変だったようです。

             

               

             

            平戸瀬戸市場に行くと。

            鰆が沢山出ていました。

             

            鰆は、春に捕れるので魚偏に春と書くそうですが、平戸では秋によく捕れるお魚です。

            身が柔らかいのでお刺身にはあまり向かないようですが、味噌や麹に漬けたり、ソテーにしたり。

            風味はよく、美味しい。

             

               

             

            塩麹に1晩漬けて焼いたもの。

            えもいわれぬ美味しさ、である。

             

            平戸では、西京味噌、酒粕、麹などにお魚を漬ける習慣があまりないのですが、これだけ旨味の乗った鰆が手に入るのに、加工して都会に出さない手はない、と常々思っているのですけれどね。

            じゃあ、お前がやってみろ、と言われても。。。

            いつものごとく、言うだけ、だね。

             

               

             

            ついでに。

            またイワシを食べた。

             

            今度は煮付けて山椒まぶし。

            お酒が進みまする。

             

             

               

             

            秋風が吹いたので、植物に栄養を。

            あと10日くらいしたら、追加の肥料を。

             

             

             

             

            それにしても。

            昨日の朝は、びっくりしたね。

            ミサイルのことです。

             

            Jアラ―ト、鳴ったところでどうする?

            スイスみたいにシェルターがあれば話は違うでしょうけれど。

             

            うちにズボって落ちたら、どうなるのだろうね?

            あそこに落ちたらしいけれどどうしましょう?とまず、内閣にお伺いを立てなければ助けてもらえないような気がして。

            そこが1番の怖いところかもしれないね。

             

            スイスのシェルターの様子は、こちら

            シェルターと言えど、なかなかの住み心地、のようですよ。

             

             

             

            | 平戸のお魚 なう | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今日も平戸で庭ぐらし 待っていたイワシの回遊
            0

              平戸のイワシ、というか日本海側のイワシは身がしまり美味しい。

              でもイワシは回遊魚なので、いつも平戸で食べることが出来る、というわけではありません。

              以前は2月ごろによく見かけたのですが、最近は時期が変わってしまったよう。

              なかなかお目にかかれず、「俺の身体の3分の1くらいはイワシで出来ている」とのたまうイワシ大好きな夫は、最近欠乏気味。

              イワシ、どこにいるのだろうね。

               

              そんなことを言い続けた6月7月。

              もう今年はダメかもしれない、と弱気になっていたお盆明け。

              瀬戸市場に、ウルメイワシとマイワシが並ぶようになりました!

               

              両方ともあまり大きくはありません。

              塩焼きには、小さすぎますが、お刺身や天婦羅、フライには丁度よいサイズ。

              一昨日は、ウルメイワシをお刺身にして酢味噌で。

              今日は、マイワシをフライにした!

               

                 

               

              大層美味、でした!

               

              でも、昔見かけたようなしっかりとしたサイズのイワシは、最近少ないですね。

              今日のもフライにはよいサイズでしたけれど、どう見ても子供のイワシ。

              こんなに食べちゃって、大丈夫だっただろうか?

              とお腹に収めてしまってから心配になったり。

              (身勝手)

               

               

               

              平戸は、新米の刈り取りが始まっています。

              今朝お目にかかったおばちゃまが、「今週は雨に降ってもらうと困るとよ」と言うので、「どうして?」と尋ねたところ。

              刈り取ったお米が乾かない、と。

              それなのに、そう言った数時間後、雨になってしまった。

              おばちゃま、どうしただろう?と心配。

               

              夕刻、雨が上がり、涼やかな空気が入ってきました。

              少しずつ秋の気配が感じられるよう。

               

               

                 

               

              槇の木(マキノキ)に実が付き始めました。

               

                 

               

              あちこちで、クサギ(臭木)の花が咲いています。

               

              花は微かに甘い香りがありますが、葉に悪臭がある(らしい)。

              葉は臭いよ、と聞いているので、匂いを嗅いだ事がありません。

              でも、山菜として食べる、と言う話を聞いたことがあります。

              茹でてしまえば匂いは気にならなくなるのかしらん?

               

              花の後、紺色の実がなります。

              実を潰すと青い染料が採れます。

              藍とは一味違う、トルコブルーのような、エキゾチックな青色です。

               

               

               

               

              | 平戸のお魚 なう | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              今日も平戸で庭ぐらし アイナメ
              0

                   

                 

                愛知県に住んでいたころは、よく魚屋さんで見かけたアイナメですが、平戸に住むようになって3度目、くらいでしょうか。

                こちらでは珍しいお魚です。

                 

                アイナメは、鮎並みが語源だそうで、鮎のように縄張りを作って生息するから、だそう。

                へえ、そうなんだ。

                 

                愛知県で見ていたアイナメは、もう少し色が薄い。

                こちらで見かけるのは、写真のように黒っぽいです。

                でも、お味はほぼ同じ。

                 

                今、旬です。

                小骨が多いので、煮魚にするときには骨切りを。

                お刺身にするときは、毛抜きで小骨を抜きます。

                手がかかりますけれど、お味は手を掛けただけのことはあります。

                癖のない味なので、どのようなお料理にも活かせますが、せっかく美味しいお魚なので、新鮮ならお刺身、そして煮付けは美味。

                 

                 

                さて、昨日。

                瀬戸市場で、久々のアイナメ。

                お腹の張り具合など見て、おおっ新鮮。

                お値段は?と見れば、都会の人が見たら卒倒するかもね。

                150円!でした。

                もちろん!購入いたしましたよ。

                 

                  

                 

                お造りに。

                 

                こういうものがあった時は、夫が大そうご機嫌よく、私も嬉しい。

                 

                また、遭遇したいものです。

                 

                 

                 

                 

                   

                 

                椿の実が、充実してきました。

                椿油を作っている人に、連絡しなければ!

                 

                 

                 

                <追記>

                 

                先ほど、今日の記事をお読みになった方からの連絡。

                アイナメによく似ているけれど、色の具合からクジメではないでしょうか?とのこと。

                 

                クジメを調べてみると。

                おや、本当、今回アイナメだと思って購入したお魚が出ていました。

                クジメは、カサゴ目アイナメ科アイナメ属だそうですから、あながち別のお魚、というわけではなさそうですが。

                 

                購入した際、ラベルにアイナメと記載されていたし、お姿もやや黒いもののこれは地域差か?と思うておりました。

                 

                なので。

                今回のお魚は、厳密にはアイナメではなく、クジメ、ということに。

                 

                 

                 

                 

                | 平戸のお魚 なう | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                今日も平戸で庭ぐらし イトヨリダイ
                0

                  イトヨリダイ、糸撚り鯛。

                  きれいなピンクのお魚です。

                  1年中ありますけれど、夏美味しいお魚。

                   

                  先日、エビス亭さんのブログを読んでいたら、イトヨリダイのことが書かれていました。

                   

                  イトヨリダイは、我が家ではイトヨリとしか呼びませんが、鯛の仲間だそう。

                  身が柔らかいので、お刺身にすると美味しいと聞いてはいますが、私の腕ではきれいに作れず、我が家ではあまりお刺身としては食卓に載せないお魚です。

                   

                  ただ、とても旨味が豊かなお魚。

                  サッと塩を当てて、干して美味。

                  バターでサッとソテーして美味。

                  天婦羅で美味。

                  煮付けにしても美味。

                  冬はかぶら蒸しも。

                  何にしても美味しいよ!

                   

                   

                  エビス亭さんのブログを読んで、俄然イトヨリを食べたくなり、瀬戸市場をウロウロしていたところ。

                  数日前、手頃な30センチほどのが出ていました。

                   

                  これくらいの大きさだと、旨味も凝縮。

                   

                     

                   

                  身はどこだ?見えないじゃないの?と言われそうな、お野菜たっぷりの南蛮漬け。

                  南蛮漬けは、アジでよく作りますが、実はムツやイトヨリが美味。

                  因みに。

                  南蛮漬けのたれ。

                  みりん    大匙2

                  砂糖     大匙2

                  酒      大匙3

                  薄口しょうゆ 大匙3

                  酒      大匙3

                  酢      大匙3

                  水      大匙3

                  これ、穏やかなお味で美味しいです。

                   

                     

                   

                  全然SNS映えしない画像だね。

                  実は、イトヨリはこのために存在するのではないかと思えるくらい美味しい「うしお汁」。

                  南蛮漬けを作った後の残りの骨で出汁を取ります。

                  夏なので、薬味は青紫蘇とミョウガ。

                  こんもりと薬味を盛ったところをパチリといきたかったけれど、スマホを構えているうちにこんなになってしまった。

                  お酒を頂いた後の〆の一品。

                   

                   

                  ところで、イトヨリのお姿、ですよね。

                  写真撮るの忘れてしまった。

                   

                  なので、エビス亭のイトヨリダイ、ご覧ください。

                  エビス亭のイトヨリダイは、こちら

                   

                   

                   

                   

                  | 平戸のお魚 なう | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  今日も平戸で庭ぐらし カマスが美味しい季節
                  0

                    カマスを生で食べる。

                    と言うとびっくりされる方が多いけれど、今平戸で漁協や市場に並んでいるカマスは(一応尋ねてみる方がいいけれど)、大抵は生でOKだと思います。

                    ただし、赤カマスに限ります。

                     

                    黒カマスというのもありますが、味が落ちます。

                    買うときは、赤カマス。

                    赤、と言っても黒に比べて少し茶色がかっている、という程度です。

                     

                    今、赤カマスは、お腹に卵が入っていて、こういう時のお魚は、カマスに限らず身が充実していて美味。

                    産卵後は、げっそりしてしまって(エネルギーが無くなって)味が落ちます。

                     

                    一昨日は、赤カマスを1匹購入。

                    三枚におろし、片身は昆布〆してポン酢で。

                    もう片身は、塩焼きにしました。

                     

                       

                     

                    塩焼きにしても程良く脂ものって美味しかった。

                     

                     

                     

                    平戸は、お魚が美味しい。

                    これは、本当です。

                    ただ、ひょいっと平戸に来て、さて美味しいお魚料理をどこで食べるのだろう、と思ってしまいます。

                     

                    昨日は、カマスのいいのが入ったから、一夜干しを作ったの、食べる?

                    とか。

                     

                    鬼カサゴ、生きのいいのが上がってるよ。

                    お刺身もいいけれど、ムニエル、これも絶品だけどどう?

                    とか。

                     

                    鯵のなめろう、小ネギも、新ショウガも、ミョウガも、シソも、今日採りたてだから格別よ。

                    とか。

                     

                    ちょと手を加えた、いい感じの一皿。

                    平戸の外から来る人の少なからずが、このようなお魚料理を求めているのではないかしらん?

                    と、よく思うのです。

                     

                    このような感じなら、冷酒だって、少しグレードの高いものにオーダー入れてしまうじゃないですか?

                     

                    こうやって、平戸の皆が、手はかかるかもしれないけれど、お金も稼げるようになるのになァ。

                    観光客も喜ぶのに。

                    と、赤カマスの塩焼きをつつきながら。

                    オバサンの、ただの夢でしょうかしらんねぇ。

                     

                     

                     

                     

                     

                       

                     

                    先日の平戸港近くの「旬鮮館」にて。

                    お皿もそこそこのもので、心配りが感じられます。

                    この1皿、400円!

                    もう少し高くしても、誰も文句は言わないだろうに、と思いますけれど。

                    漁協直営のお店なので、これも観光客へのおもてなしの気持ち、ということかもしれません。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 平戸のお魚 なう | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    今日も平戸で庭ぐらし ヤガラ
                    0

                         

                       

                      今日は、瀬戸市場でヤガラというお魚をゲット。

                       

                      魚とは思えない風体。

                       

                      袋に入ったヤガラを持ってレジに並んだら、今日は日曜日で観光客が多く、いろいろな人から「これ何?」と声を掛けられました。

                      美味しいお魚ですが、沢山入荷するわけではなく、今日も私が買って終わり。

                      「美味しいから買ったら?」と言えず、残念。

                       

                      因みに。

                      今度ヤガラを見かけたら、是非お買い求めください。

                      三枚おろしまでは、スタッフの人がやってくれます。

                      皮を引くのが難しいと思われるかもしれませんね。

                      これは、実は簡単。

                      皮を下にして、包丁で削ぐようにして、身を取ります。

                      三枚におろしてもらっても、皮目が平らではないので、普通のお魚のように皮を引くのは、素人では難しいと思います。

                       

                       

                      さて、ヤガラ、です。

                      今日買ったのは、1m弱。

                      とはいえ、半分は頭でござるよ。

                       

                      ヤガラはくちばしが長く、英語ではフルート・マウスと言われるほど。

                       

                      頭と尻尾を除きました。

                       

                         

                       

                      たったこれだけ。

                      およそ40センチです。

                      お腹を出して、よく洗い、キッチンペーパーを詰め、これまたキッチンペーパーとラップで包み、しばし冷蔵庫でお休みいただきます。

                      これは、エビス亭の御主人に教えて頂いた方法。

                      一晩くらい寝かせるとよいそうですが、我が家は昼に処理して、晩にはお腹へ。

                      それでもこの処理をするかどうかで、風味というか美味しさがかなり違います。

                      不思議。

                      多分余計な水分がとれるのでしょうね。

                       

                       

                      今日のヤガラには、卵が入っていました!

                       

                         

                       

                      新ショウガで、甘辛く炊きました!

                       

                      さて、これからお造りを用意しまする。

                       

                      先日、エビス亭のブログでヤガラの処理の仕方が紹介されていました。

                      見るだけでも結構面白いので、どうぞこちらから。

                       

                      エビス亭は、ただ今、恒例の黒毛和牛フェア開催中です。

                      暑くなってきますので、お肉食べて、乗り切ろう!作戦、だね。

                       

                       

                      そうそう、今日のヤガラ、280円でございましたことよ。

                      家計に優しく、大変よろしい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 平戸のお魚 なう | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/6PAGES | >>