CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし ひどい雨でした。 | main | 今日も平戸で庭ぐらし あと2日 >>
今日も平戸で庭ぐらし 擁護するわけではないけれど
0

       

     

    昨日の雨が上がり、一気にオンツツジの花が開花。

     

       

     

    オンツツジのオンは、雄と書きます。

    雄鶏のオン。

    因みに雌鳥のメンと書いて、メンツツジというのもある、というのですが、見たことがありません。

    木が大きくなるので、このような名前が付いたようです。

     

    オンツツジは、ミツバツツジの1種で、葉がミツバのように展開するツツジ。

    3月下旬ころ、よく山の中で見かけるミツバツツジ(トウゴクミツバツツジ)が花が咲き、そのあとで葉が展開するのに対し、オンツツジはまず葉が展開し、次に花が咲くのですが。。。

    今年は変。

    葉があまり展開しないうちに花が咲いてしまいました。

    寒い日が続いたので、葉が開く用意が整わないうちに、花が咲く条件がそろった、ということでしょうかしらん。

     

    何だか変な春です。

    でも、今週末の庭の公開日には、恰好が付くなら、と思うておりますよ。

     

     

     

     

    さて、大臣という方々の暴言だか失言だかが続いています。

    やはり、公人には公人としての言葉の使い方や品格が求められますね。

    言論の自由が保証されている、というのとは一線を画すもの。

     

    「学芸員はがん」、と言った(言ってしまった)地方創生大臣。

    事の背景が今一つ、どこまでが本当なのかもわからないし、どういういきさつだったのかも分からないので、軽々に意見を加えるのは差し控えるべきだと思うのですが、それでも、という気分も。

    「文化財の中で花を生けるな、火を使うな」と言ったので腹が立ったのですね。

     

    重要文化財の中で花を生けると、虫を呼び込む事があり、その虫が建物や、歴史資料を傷めることがあります。

    火を使うと、火事になることがあります。

    というのが「ダメ出し」の理由だったのかも。

    そうだとしたら、あながち間違いではないのですが。

     

    大臣としては、頭ごなしにあれもダメ、これもダメ、なんて言っていたら、文化財をより一層魅力的に見せたり活用したり出来ないだろう?

    そう思ったのではないか?というのが私の推察。

     

    花がダメならば、例えば、その建物に相応しい草木染めし蝋をはいた越前和紙で花を作って飾る、などと言うのもあるでしょう。

    その道のプロに頼めば、生の花より素敵なものになりそうです。

    火は、ろうそくの火が欲しいというのなら、今はかなり良く出来たLEDのロウソクがあります。

    そういうことを、ダメ、と言う前に考えてみてよ、というのが大臣の暴言の根底にあったと私は思うのね。

    擁護のしすぎ?

     

    デービッド・アトキンソン著「新・観光立国論」にも日本は、もっと文化財を観光に活かすべきだと書かれています。

    それは、文化財には、それなりの魅力があるので観光資源になりうる、というだけでなく。

    文化財そのものが、生き延びていくためには、人々から愛される必要がありますし、活用することでお金を得ることが出来れば維持費を賄うこともできます。

    文化財の保存という観点からも文化財を観光に活用する視点を日本も持つべき、というのがアトキンソン氏の提言でした。

     

    それを読んだ時、日本ではとても難しく夢でしかないと思いましたけれど、何と文化庁も「地域文化創生」に乗り出すそうで、あながち夢ではなくなりそうな雲行きです。

    そのような中でのあの暴言。

    文化財で地方創生をする時代が来ているのだよ、と学芸員の方々に知って欲しかったのでついあの言い方になってしまった。

    それが行きすぎてしまったのね、と可哀そうに思うているところ。

     

    甘いかしらんねぇ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:41 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/1687
      トラックバック