CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 新茶の季節到来! | main | 今日も平戸で庭ぐらし とこぶし >>
今日も平戸で庭ぐらし 終日雨。
0

    今日は、朝から雨。

    雷付き。

    何も出来ず。

    図書館へ。

     

    あ、その前に。

    先日から通っている整骨院。

    背中が伸びてきたのですよ!

    ここ数年来、腰、曲がっていましたので、嬉し。

     

    壁を背にして立つと、頭が壁につかないこと数年。

    それが、つくようになり。

    歩くのもかなり、いい調子で歩けるんですよ。

     

    やはり、背中というか腰が曲がっていると、見た目年齢が実年齢よりかなり上になってしまいまして。

    先日は、あろうことか、11歳上の方からお姉さんですか?と言われてしまい、あれはショックだったね。

    その11歳年上のオバサマは、肌がつやつやして、自信たっぷり。

    こっちは、肌のお手入れも面倒であまりせず、腰は曲がり(あの頃はまだ曲がっていた)。

    でも、でも、ですよ。

    やはり、ショックだったね。

    もう少しよく見てよ!と言いたい気分であったけれど、「よく見れば余計ふけている」、と反撃にあえば再起不能だし。

     

     

     

    さて。

    図書館に行った。

     

    観光白書平成28年度版(観光庁が出しています)のページをめくる。

    すご〜くカラフル。

    昔の「白書」のイメージからはほど遠い。

    そして、平戸の観光のイメージからもほど遠い世界が広がっていました。

     

    「白書」は、あくまでも「白書」で、内容がすごく深いわけではなく、ただ淡々とこうだああだと述べられているだけです。

    試しに1度手にとってご覧ください。

    ある意味興味深いけれど、どれくらい信じ込んでよいかは不明。

    自治体の観光統計調査よりは、いいかも。

     

    自治体の観光統計調査は、全国の調査報告を合計すると、すごいの。

    洗面器に金魚を飼っていたら、どんどん卵で増えて、気が付けば洗面器は、かき氷のように金魚の山が出来ていました!

    みたいな話なのですよ。

    つまり、数字が多すぎるのですね。

    隣の町が100なら、こちらは130!みたいな数字で、実態は誰も分からない世界。

     

    そろそろ、脱却の時、と思うのですが、オジサマ方は自分が関わっている時にはやりたくないでしょうねェ。

     

    そんな意地悪な気分で観光白書を眺め眺めして過ごした今日の午後。

     

    雨は一向にやむ気配なく。

    それどころか、これから一層強く降る地域もありそうです。

    どうぞご注意くださいますように。

    特に、夜間の豪雨。

    お気をつけ下さいまして。

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 18:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:39 | - | - | pookmark |
      コメント
      oodles of noodlesさま

      そうですねぇ。
      でも、ですよ。私のように心ざまも大したことなく、気品も可愛らしさもない、とすればどうする?

      でも、おっしゃる通りですね。
      「べっぴんさん」で栄介(この字でよかったかしらん)が、人に好感を持って受けいられるように身を正し、こうでありたいと思う人に近付けるように装う。
      それは、みえとかとは別の、人を高めるものなのだ、というようなことを言っていました。

      ともすれば、だらけてしまいがちですが、特に年を重ねてきた今だからこそ、気を付けながら暮らしたいもの、と最近思っています。

      いつも、温かなコメントをありがとうございます。
      | 今日も平戸で庭ぐらし | 2017/05/13 9:06 PM |
      外見や佇まいがまずは目に映りますが、
      自ずと匂い出ずる心ざまに圧倒されたりすれば、10や11は姉上に見えてしまう
      ということは、あるように思えてなりません。
      ツヤツヤ肌など軽くbeyondするものをその方は感じ取ったのかもしれません。
      例え背中か腰に負担を感じているようなお姿でも内面から滲みでる気品や可愛らしさは、
      ツヤ肌を越えてなほあまりある、、。

      老けて見られたということではない場合も時としてあるのだと
      最近、といっても4月ですが私は実感したのです。
      | oodles of... | 2017/05/13 11:38 AM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/1706
      トラックバック