CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし あれこれ | main | 今日も平戸で庭ぐらし セントジョージ旗を探せ! >>
今日も平戸で庭ぐらし 藻谷浩介氏講演会終了しました
0

    昨晩、平戸オランダ商館で藻谷浩介さんの講演会が開催されました。

     

    映像、ありませんの。

    携帯を不携帯で、写真撮れず、ごめんなさい。

     

     

    藻谷さん。

    テレビで拝見するのとは、ちょと感じの違う方で。

    あんなに人を笑わせる、漫談のようなお話をする方とは、夢にも思いませんでした。

    しばし、ギャップについていけず、じつは、講演会が終わってもそのギャップが埋めきれず、どう考えてよいものか心の整理が付きませんでした。

     

    私たちは、平戸に対して厳しいお話を期待しすぎていた、ようですが。

    藻谷さんは、もっと、根源的なお話を残されました。

    よくよく、私たちも噛みしめてみなければ。

    というのが一晩寝てみて、至った結論。

    人の睡眠は、大切だね。

     

     

     

    九州各地を廻っていると、どこかしらかに点在する、こじゃれたカフェや雑貨のお店。

    そういうお店が人を呼び、またおしゃれな店が出来る。

    平戸は、そういう展開から全く取り残されている(ように、ふらりと平戸に来た観光客には見える)。

    そのような展開も出来ない地域に来て、しかつめらしい理論展開をしても無理だと思われたのかもしれませんね。

    ちょと悔しかったけれど、事実は事実。

    これも、受け止めねば。

     

     

    人口が減る、という問題に日本は直面しています。

    減る、という現実から逃れることはほとんどの地域が出来ないでしょう。

    その中で、生き残るには?

     

    人が減る町は。

    「ないもの探し」「悪者探し」が日常化している

    親が子供に「この町はダメだ」と言う

    観光客に、地酒・地魚・地野菜を出さない

    生鮮品を都会に生で安く売る

    役場職員や議員が勉強会に来ない

    いくら頼まれても空き家を貸さない

    自分の子供を都会に出しながら、都会から来た若者の悪口を言う

    口を開けば「ここには何にもない」と言う。

    だそうです。

     

    確かに!

    思い当たること、沢山ありますね。

     

    特に、「ここには何もない」と言わないようにしましょう。

    少なくとも、女性たちがそう言わないようにしよう。

     

    何かある、あたりまえでないものがあるから、先祖がこの地を選んだはず。

    残る町は、「住む理由を言える町」。

    人が仕方なく住んでいる町には、未来が無く、住む人が堂々と住む理由を説明できる町が生き残る。

     

    そして、地元のものを、なるべく使って地域を盛りたてる。

    1%でもよいから、地元のものを買い、使う気遣いをするだけで、地域の経済がアップする。

     

    地域のものを、あって当たり前と捉えず、「有り難い」と捉えることで、感謝の気持ちも生まれ、大切にもする。

     

     

    これらのことは、よく言われることですけれど、藻谷さんが各地でいろいろな事例をご覧になっての実感なのだと思います。

    すべては、ここから。

    これすら出来なかったら、その上に積み上げるものなどないですよね。

     

    私たちは、何か別のものを藻谷さんに望んでいたかもしれないけれど、根本をきちんとやろうよ。

    そういうお話しでした。

    基本の基。

     

    それが出来れば、平戸は西の果てではなく、東シナ海の真ん中に位置する、多くのインバウンドを控えた場所にあり、しかも鄭成功など、海外の人が興味を持つことが出来る観光資源が沢山あります。

    そういう明るいお話もありました。

     

     

    昨晩のお話を、軽々に思わず、よくよく噛みしめ、無駄にしないように。

    そのように心に誓った、今朝。

     

    この気分を、昨晩お話を聴いた人たちと共有しつつ、しっかりと平戸という町に向き合っていきたいですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 08:25 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/1713
      トラックバック