CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 無題 | main | 今日も平戸で庭ぐらし 無限郷 >>
今日も平戸で庭ぐらし 年を取ると。
0

    年を取ると、いろいろあるわけよね。

     

    例えば。

    ご飯を食べていて、思わずむせ込む。

    などということは、若いころでもたまにはあるけれど。

    (えっ!?ない?)

    寝ていて、唾液が気管に落ち込んでむせ込んで目が覚める。

    これは、若い時は無かった。

     

    気管に食べ物や唾液が落ち込むのは、誤嚥性肺炎のもとになります。

    肺炎球菌の予防注射をしていても、防げませぬです。

    だから、飲み込みミスをしないよう、喉を鍛えよう!

    という話題が、最近目につくようになりました。

     

    鍛え方は、たやすいのからハードなものまで、バリエーションいろいろあるようですが。

    食事の前、唾液を呑み込む事5回〜10回。

    これだけでも、習慣づけると喉の筋肉が鍛えられて、誤嚥が減るそうです。

     

    というわけで。

    今日から我が家は、喉トレ、始めまする。

    自己管理で防げる病気は防ぎたいですものね。

     

    肺炎は、命の問題に繋がりやすいけれど、それだけでなく、体力をかなり奪われるので、回復してもしばらく体力が低下します。

    そうなると、また、別の病気を引きこみやすい。

    気をつけねば。

     

     

     

    年を取ると、本当に、いろいろあるわけ。

    こんなことって、あるとは思わなかった、というのが。

     

    足の裏に、ラップが張り付いているような気がするの。

    あら、ラップかビニール、踏んじゃったかしらん?

    と思って見ても、何もついていないのですよ。

    ???。

     

    この足の裏ラップ、に気づいて約2年。

    ずっと、張り付いたまま(のような感触)。

    変なかね〜(変ね)と思いながら、かと言って何か問題が起こるわけではなく。

     

    最近。

    医学が進んだのかどうか。

    「足の裏にビニールが張り付いている、ような気がする。」

    と、思いついて検索したら、何と何と、ちゃんと出ていた!のには驚きました。

    そんな気がする方、検索を。

    ま、放っておいても大丈夫そうですけれど。

     

     

    80歳くらいのお医者様が、90歳の患者さんに。

    「僕は、まだ80歳だから、90歳がどのような感じかわからないの。だから、90歳ってどんな感じか折々に教えてね。」

    と優しく語りかけているのを見かけたことがあります。

     

     

    そうだね。

    若いころは、概ね、一律ですけれど。

    年を重ねてくると、本当にいろいろ。

     

    実は、誤嚥と足の裏ラップの外にまだあるけれど、言わない。

    ないしょ。

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:26 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/1735
      トラックバック