CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 年を取ると。 | main | 今日も平戸で庭ぐらし 梅雨寒む >>
今日も平戸で庭ぐらし 無限郷
0

       

     

    今日は、西海市にある無限郷にお邪魔しました。

     

    無限郷は、西海市西彼町(さいひちょう)にある、広大な庭園。

    山アジサイを中心に、冬から春には椿、そして桜、初夏の山アジサイ、夏椿、晩夏のオミナエシ、秋のモミジ。

    個人のお庭とは思えぬ規模ですが、正真正銘、Kさんご夫婦丹精のお庭です。

     

    土曜、日曜、月曜のみの公開。

     

    入口に無限郷の看板。

    新しいような、と思ったら、今日立てたばかりだそうです。

    前のはもう傷んでいたのですね。

     

    この入口を入ると。

     

       

     

    この道をたどっていきます。

    両脇には、アジサイ、ホタルブクロが。

     

     

       

     

    道を上がりきると、右手にあずまや。

    左手に美術館があります。

     

    まず、美術館から。

    すごいね、個人の美術館、です。

     

    美術館には、K夫人が若いころから収集された古陶磁、郷土玩具、絵絣などの展示のほか、K夫人の叔父上が全国各地で採集された庚申塔や道祖神の拓本などが展示されています。

    若いころから、古陶磁、ですって!

    若いころは遊び呆けていた我が身を恥じます。

     

       

     

    古伊万里、古平戸、亀山焼など。

    明時代の中国のものと思われるお皿も。

     

    年明けから3月まで、このコーナーには、おひな様が並びます。

    これがまたすごい。

     

       

     

    郷土玩具。

    上には、絵絣。

     

       

     

    叔父様渾身の拓本。

    今日は、3点のみでしたが、ずらりと並ぶ時は、それは壮観です。

     

       

     

    照明もアンティーク、という徹底ぶり、です。

     

       

     

    美術館を拝見した後は、あずまやに。

     

       

     

    この石段を登ったところに、あずまや。

     

    写真、撮りたかったのですが、他のお客様もいらして、断念。

    囲炉裏があり、K夫人お心入れのお茶のお接待。

    長崎から来ました、というマダム3人連れの方たちも交え、しばしおしゃべり。

     

       

     

    それにしても。

    よくぞ、よくぞ、このようなお庭を、しかも50歳を超えてお造りになられたと思います。

    この情熱、只者ではありません。

    発端は、やはり叔父様の拓本をきちんとした形で保存公開したいという思いがあり、このお庭にまで広がった、ということだろうと思っています。

    それだけでも、なかなか出来ることではありませんが。

    K夫人の多岐にわたる好奇心は、実は1つのゆるぎない価値観によって支えられて、全体が統一感を持った美しさになっている、とお見受けしています。

     

    今日も、次から次にお客様で賑わっていました。

    山アジサイは、見ごろをやや過ぎかかっていますけれど、夏椿など、次の花々が咲き始めています。

     

    お訪ねになりたい方。

    西海市西彼町 国道206号線白似田バス停近くの大村寿司の店の脇の道へ。

    そのあとは、「向花坊(無限郷の美術館の名前)」あるいは「無限郷」の標識を頼りに。

    大村寿司店のところからは、車で2分もかかりません。

    土曜、日曜、月曜の3日が公開日です。

    そのほかの日にはお訪ねになりませんように。

     

     

     

      

     

     

     

    | 日記 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:42 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/1736
      トラックバック