CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 天上大風 | main | 今日も平戸で庭ぐらし またまた快挙です! >>
今日も平戸で庭ぐらし あれこれ
0

       

     

    露地物のフキノトウを頂きました。

     

    おや、椿展などに気持ちを奪われているうちに、フキノトウはちゃんと芽を吹き花の準備を始めているようです。

    我が家のは、どうなっているだろう?とあわてて見に行きましたが、我が家のはまだどこにも。

    日当たりがよく、土がほくほくしているところは、春の日差しを感じて芽が出ているのかもしれません。

     

    フキノトウは、年明けの頃から新鮮市場に出ていています。

    温室の栽培ものですが、それはそれで嬉しいものです。

    でも、露地物にはフキノトウ本来の苦みがしっかりとあって、美味しさは格別のものが。

     

    昨日は、天ぷらとフキノトウ味噌を。

     

       

     

    フキノトウ味噌は、作っておくと酒のアテになり、焚きたてのご飯に合い、お餅に添えても。

    昨晩は、糸島の白糸酒造製「田中六五」で。

    少しにごりがあって、心持ち発泡を感じます。

    ハネ木で優しく搾られたお酒ならではのフルーティーな華やぎのあるお酒です。

     

     

     

     

       

     

    ノンアルコールビールのオールフリ―がリニューアル後、よく売れているそうです。

    嬉し。

    実は、オールフリ―。

    ご飯を作りながら飲んでも酔っぱらわないので、よろしいのです。

    時々ご飯を作っている最中によい気分になり、もう作るの止めた!事態発生を常々苦々しく思うておる夫にとっても、大変よろし。

     

       

     

    平戸のお店にも、ちゃんとゴロウさんとシンゴ君のポスター、出ました!

    嬉し。

     

     

     

    お正月にカスド―スについて、ちょと書きました。

    平戸を代表する銘菓。

    それを取材するレポーターが、カスドースを口に入れるや否や、「超あまいですね!」と言うのがお約束のようになっているのはどうしたものか?と書いたのですが。

    その時の記事は、こちら

     

    数日前、カスド―スのテレビ取材。

    するとレポーターのお姉さま。

    「甘くないですね。」と。

    このギャップ。

    いったいどうなっておるのか?

     

    世の中、わからないことだらけ。

     

     

     

     

     

    | 日記 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:35 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2002
      トラックバック