CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 平戸城築城300年! | main | 今日も平戸で庭ぐらし あれこれ >>
今日も平戸で庭ぐらし ホウボウ
0

       

     

    ホウボウというお魚です。

    以前にもご紹介したことがあるのですが、もう1度書きたくなりました。

     

    だって。

    ホウボウは、とても美味しいお魚であるにもかかわらず、市場では、300円くらい。

    しかも買い手がつかないことが多く、翌日に値引きのラベルが貼られていることも。

    かわいそ。

     

    お姿が、いけないのでしょうか。

    でも。

     

       

     

    胸ひれは、こんなにきれいなのよ。

    この「きれい」というところがネックなのでしょうかね。

     

    市場では、三枚おろしまではしてくれますから、あまり気にしなくても、と思うたりするのですよ。

     

    ともあれ。

    ホウボウは、お刺身にして美味しいのですが、ちょと手を加え、洗いにすると本領発揮します。

     

       

     

    洗いだったら酢味噌を添えて。

    先日封を切ったお屠蘇も一緒。

     

    しゃぶしゃぶも大変美味です。

     

    そして。

    ホウボウ好きな人は、実は浮き袋が食べたいため、身も食べるのではないかと思われるほど、浮き袋は珍味です。

     

       

     

    浮き袋は、こんなのです。

    市場では、3枚おろしを頼む時、浮き袋も頂戴ね、と。

     

       

     

    針ショウガと共にしぐれ煮。

     

    浮き袋は、しぐれ煮のほか、サッと湯がいて酢味噌で、というのも美味しい。

    ホウボウが新鮮中の新鮮ならば、肝と胃袋(ひっくり返して中身を洗い出します)と一緒にサッとゆでて甘酢で。

    平戸では、酢肝という料理ですが、お酒が進みます。

     

    今度、ホウボウを市場で見かけたら是非、お試しください。

     

     

     

     

     

       

     

    スミレの群生地を発見。

     

    10メートルほどに渡り土手のあちこちに咲いていました。

     

       

     

    近くの木の切り株に。

    落ち椿が集めて載せられていました。

     

    春が急速に春爛漫の時へ向かっているようです。

     

     

     

    | 平戸のお魚 なう | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:37 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2008
      トラックバック