CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 季節の移ろい。 | main | 今日も平戸で庭ぐらし 世知原じげもん市 >>
今日も平戸で庭ぐらし 無題
0

       

     

    ビワの実が色づき始めました。

     

    愛知県に居たころ、ビワをスーパーや、ましてや果物店でビワを買うということは考えられませんでした。

    まず、何と言ってもお高いのです。

    5個か6個入りで600円以上していたでしょう。

    何のたかが600円、と思われるかもしれませんけれど。

    平戸の家に居ればタダ、という考えがどうしても抜けずにスーパーで買うことは無かったというわけです。

     

    平戸に居ると、どこの家にもビワの木の2,3本はあるので、この時期になると「ビワ要らん?」「要らん、うちにもあるもん」という会話が飛び交いますね。

     

    多分、平戸はビワに向いている気候。

    種が落ちてどんどん実生で生えてきます。

    草を取るときにビワの芽も抜きますが、あれを抜かずに置いておいたらビワの密林が出来上がりそうな勢いです。

     

    1ヶ月ほど前、夫が実の数を減らす方が甘くておいしい実が採れる、とか言って撤果しました。

    なので、数は少ないけれど、もう少ししっかり色づいたら食べようと楽しみに待っているところ。

     

    待っている間にカラスに取られる、ということもあるので用心、しておりますよ。

     

     

     

    セシールという衣料品通販会社のCMで流れるフランス語。

    なんて言っているか?私判らず。

     

    今日の新聞によると。

    1983年から1時休止期間があったものの今でも続いているのだとか。

    このフランス語ほど、判らない外国語でも何度も聴いているうちに判るようになる!という外国語習得法のウソを物語る実例は無いよね。

    判らんものは、何度聴いても判らんです。

     

    そして、やはり、判らない!と思われる方、多いようで。

    私だけではなかった、と安堵。

     

    最近、セシールが1000人に調査をしたところ。

    こんな風に聞こえるのだって。

     

    まず正解(あえてカタカナにすると)こんな風。

    「イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムール」

    (愛と信頼をお届する)

    そうだったの!

     

    これが。

    「しもふさ君幸せそうなのに」と聞こえる人が約3割

    「自分は幸せそうなムーン」

    「篠塚君幸せそうなの」

    「白くまくん幸せそうなの」

    「篠塚君清少納言」

    「塩、酢をここで混ぜちゃう」

    などと続くそうです。

     

    因みに私は。

    「篠房コンソメさ、もう!」

     

    不思議なのは、冒頭「イロッフル」で始まっているのに多くの人が「s」の音を感じとっていること。

     

    当のセシールは、この意味が伝わらないフランス語を流すことについて。

    「気になるCM、と多くの方に長年関心をよせてもらえた」と言いきっているそう。

    その覚悟、あっぱれ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:23 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2079
      トラックバック