CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 蟻さんは、働き者 | main | 今日も平戸で庭ぐらし 白いバラ >>
今日も平戸で庭ぐらし 鱧の落とし
0

       

     

    久しぶりに食卓に乗った鱧の落とし。

    「落とし」とは、要するに「湯引き」です。

    お湯の中に「落とす」ので、こう呼ぶ人もあるのでしょうね。

    では「湯引き」はなんで「引く」のだろう。

    ???

     

    鱧は、京都の祇園祭のごちそうに欠かすことができないもの。

    愛知県に居たころは、鱧を食べるのは、京都の祇園祭が終わった後でした。

    それまでは、お高くて、手が出ませんでしたもの。

     

    デパ地下や居酒屋で見る鱧の落としは、往々にしてどこかの食品メーカーが大量に湯がいて、その後冷凍したものだったりします。

    真っ赤な梅肉が付いていたりしてね。

    これは、本当に美味しくありませんでした。

    鱧の味がどこかに飛んで行ってしまっていたね。

    やはり鱧は。

    生を家で湯引きして氷水で〆たのが美味しい。

    もちろん、どこそこの有名お料理屋さんの鱧は美味しいでしょうけれど。

    なかなかそうは参りません。

    庶民にとっては、美味しい鱧はお家。

     

    そういう意味では。

    長崎に住むようになって、鱧は頻繁にお目にかかるお魚ではないものの、時折見かけるので、嬉しい。

    それほどお高くもありませんし。

    骨切りまではしてもらえなくても、開いてもらえば案外家で骨切りはできます。

    薄刃のよく研いだ包丁で、ザッザッザと切っていきます。

    これは自分でやる方が確実。

    開いたついでに骨切りもしてあげるよ!等の声に飛びついてやってもらうと、えええっ間隔が1ミリ以上ある!などという事態になることが。

    1度こうなると、その間に包丁を入れることは困難。

    骨切りは、自分で。

     

    つけて食べるのは、やはり辛子酢味噌がおいしいなァ。

    梅肉?本当に合うのかしら、と思うております。

     

    今日は、佐世保のクリニックへ。

    ついでに覗いたお魚市場にて、鱧を手に入れました。

    やはり夏の風物詩。

    平戸産のワカメときゅうりの叩きを添えて。

    美味。

     

     

     

    今日、クリニックで採血の前に血圧を計ったところ、おや、少しお高め。

    看護師さん、「今日はどうかしましたか?」

    ふふふ、実は。

    順番を待ちながらスマホをいじっていたところ、大ニュース。

     

    6月1日に書いたのですが、徳島県鳴門の板東俘虜収容所でドイツ兵がベートーベンの第九を演奏したのが1918年。

    今年は、「日本で初めて第9が演奏されて100年」です。

    そして、翌年の1919年、福岡県久留米の俘虜収容所のドイツ兵が収容所の外でベートーベンの第九を演奏。

    来年は、「日本で一般の人が初めて第九の演奏を聴いて100年」の年に当たります。

    久留米でも来年は、何か記念事業があるでしょう、とその時のブログに書いたのですが。

     

    それから1週間後の今日、飛び込んできたニュースは。

    来年1月。

    ゴロウさんの代表作と言える「No.9 ー不滅の旋律ー」が久留米で上演されます。

    「No.9 −不滅の旋律ー」は、2015年渋谷のパルコ劇場で上演され、その後再演を求める声が高かったものの、パルコ劇場の建て替え、SMAPの解散などで実現が遠のいていたもの。

    今年11月11日から12月2日、東京・TBS赤坂ACTシアターを皮きりに、大阪、横浜と続き、来年1月には久留米、だそう。

     

    このニュースを知った直後に「血圧、計りますよ〜。」の声。

    血圧、高くても仕方がない。

    だって、1月と言えば、まだ椿展の準備も余裕がある時だし、ひょっとしたら行ける可能性がありますもの。

     

    因みに。

    ベートーベン姿のゴロウさん、こちらからどうぞ。

    乗り移っておりますよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:35 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2091
      トラックバック