CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし びっくりしました。 | main | 今日も平戸で庭ぐらし 透明ブーム? >>
今日も平戸で庭ぐらし ミステリーローズについて
0

    ミステリーローズって、何?

    というご質問を、ここ数日の間に何件も。

    関心を持っていただけて、嬉し。

     

    とはいえ、私自身がよくわかっているとも言えないのですが、大体わかるところで書いてみたいと思います。

     

    まず、原種のバラは除きます。

    日本には、日本に古来から自生していたバラが10数種類あります。

    その個体になるのに人の手が加わっていないバラで、野山や海岸など自然界に見ることが出来るバラです。

    4月下旬ころ、野山で白く小さい房状に咲くバラは、ノイバラ(野茨)。

     

    6月に海岸べりや岩場でよく見られる芯が黄色く花弁が白いバラは、テリハノイバラ。

    このタイプは、葉がつやつやしているのが特徴です。

     

    ほかに、ツクシイバラ、ハマナス、ヤマイバラ、モリイバラ等々。

     

     

    次に、最近植えた園芸種のバラなのだけど名前がわからなくなった、というバラも除きます。

    それは所有者にとってはミステリーかもしれませんが、多分専門の方が見ればわかる可能性があるのです。

     

     

    1867年に作出された「ラ・フランス」というバラをもってモダンローズの始まりとする。

    多少の異論はさて置き、一般的に「ラ・フランス」は1つの区切りとされています。

    このバラ以降をモダンローズとするなら、それ以前のバラは?

    オールドローズとされるバラは概ね「ラ・フランス」以前のバラ、と定義されています。

     

    そのオールドローズの中でも、名前や由来がはっきりとしているバラもあります。

    これもミステリーローズとは言えません。

     

     

    ここまで書くと、大体お分かり頂けると思いますが、

    ミステリーローズは、園芸種のバラで、古いためその由来も名前もわからなくなっている、そのようなバラと思っていただければ、と思います。

     

     

    古い園芸種のバラは、実は中国で改良されたものが多いのです。

    中国では、ヨーロッパに先駆けてバラの品種改良に取り組んだ歴史があります。

    そこには、中国の気候風土がバラに合ったこと、中国の文化と結び付きやすかったことなどが考えられますが、忘れてならないのは、中国には4季咲きのバラがあった、ということです。

     

    4季咲きは、春夏秋冬に咲く、というより、ほとんど1カ月おきくらいに咲き続ける花つきの良さが特徴です。

    咲いては休み、休んでは咲く。

    中国では、庚申月に咲く(=1カ月おきに咲く)ということから庚申バラ(コウシンバラ)とも称されるようになります。

    この性質は、多くの人々に好まれ、イギリスのプラントハンターは、ヨーロッパに伝え、一層の品種改良が進んで現在私たちがバラと称するモダンローズの礎になりました。

     

    中国では文化大革命の頃、バラはブルジョア的だとの見解から多くの古い品種が失われたと聞いたことがあります。

    でも、中国で失われたバラが、日本に伝わって残っているのではないか?そのような期待もチャイナ系のミステリーローズを見るときに高まります。

     

    ミステリーローズの調査は、まだまだ始まったばかり。

    誰にも気づかれないまま、ひっそりと咲き続けているバラが沢山あることでしょう。

    日本には、江戸時代以前からバラを愛でる文化があったことは文献や絵巻物からわかっています。

    平戸のミステリーローズの調査が始まったころは、平戸と南蛮貿易との関連から平戸特有のバラかもしれないと考えたりしましたが、今、各地に広がりつつある調査を見ていると、もっと広く日本のバラの歴史、というものの一端であることがわかって来ました。

    それはそれで、とてもワクワクすることです。

     

     

    平戸ミステリーローズをご覧になりたい方へ。

    平戸ミステリーローズは、個人の家にひっそりと咲いていますし、まだまだ調査の段階でもあります。

    急にお訪ね頂いても、対応が難しいと思います。

    4月のオープンガーデンの際、数軒の庭でミステリーローズが咲いていますので、事前にご希望を寄せていただければ、何かしらの対応が出来ると思います。

    よろしくお願いいたします。

     

     

    <お知らせ>

    明日(6月20日)

    このブログの運営会社が午後2時〜午後5時までメンテナンスに入るそうですので、アクセスが難しくなる可能性があります。

    ご了承くださいませ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:15 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2103
      トラックバック