CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 新兵器 | main | 今日も平戸で庭ぐらし 無事です! >>
今日も平戸で庭ぐらし 満天
0

    今日は、月に1度の「お抹茶を頂く会」の日。

     

    今日のお菓子は、島根県松江・彩雲堂製「満天」でした。

     

    台風が近づいている平戸は、蒸し暑い1日でした。

    とても天の川やら七夕という雰囲気ではありませんでしたが、それでも。

    お茶の会なりとも七夕気分で。

     

       

     

    小豆の羊羹地の上には、夜空を思わせる錦玉羹が。

    夜空に散らばる星は、おおッ!金箔。

    テンション上がりました。

     

    彩雲堂がある島根県松江は、松平不昧(まつだいらふまい)公のお膝元。

    不昧公が独自の境地から開いた不昧流茶道は、松江の文化として深く根付き和菓子の世界へと広がりました。

    松江市では、今年不昧公没後200年を迎え、各和菓子の名店が記念の和菓子を創作するほか、お茶会、不昧公ご愛用の茶器の展示等、いろいろな記念イベントが開催されるようです。

     

     

     

    今日読んだ古今集の歌の中から。

    「穂にも出でぬ山田をもると藤衣 稲葉の露に濡れぬ日はなし」

     

    <現代語訳>

    昔のイネは、どの株もたわわに実ったわけではなく。

    穂も沢山実らない山の田の番をしていると、自分の粗末な衣(=藤衣)が稲の葉の露に濡れない日は無い。

    <超訳>

    世に認められずパッとしない田の番人は、その服もパッとせず稲の雫でびしょびしょになるばかりで泣きの毎日である。

     

    この歌は、先日何かで読んだビートたけしさんの言葉と重なりました。

    曰く。

    「こんなに一生懸命やっているのに、なぜ誰も認めてくれないんだ!」と不満を思う人よりも、「あんなに大変なのによく愚痴も言わず一生懸命が続くよね」と周りの人に思われるような人の方が結局はいつか頭角を現す。

    なのだそう。

     

    わからないでもないですね。

    ただ、こういうこともあると思うのです。

    認めてくれない人にいくら認めて、と頼んでもそれはなかなか難しい。

    自分で道を切り開く過程においては、認めてくれる人を探す作業も必要、とは思いますね。

     

     

     

    さて、平戸。

    台風の進行方向の真ん中に位置しております。

    我が家は夕方雨戸を閉めてしまったので、只今穴ぐら状態。

    もし平戸に来るのなら、明日の午後だそうですが。

    無事、明日もブログを書きたいもの、です。

     

     

     

     

     

    | 美味しい和菓子 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:38 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2115
      トラックバック