CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 今日も暑かったね | main | 今日も平戸で庭ぐらし 大暑 >>
今日も平戸で庭ぐらし 渋茶
0

    今日の話題は、熱中症対策ではありませんので念のため。

     

    母の世代は、暑い時にこそ熱いお茶、などと言っておりましたね。

    あの頃は、暑いと言っても今ほどではなかった、ということもありましょうけれど。

    冷たい飲み物は、1杯飲み又欲しくなったりして、のどの渇きが止まりにくい。

    それに対して、熱いお茶を飲んでごらんなさい、すぐ渇きがおさまりますよ。

    それが口癖でした。

    実際、熱いお茶をよく飲んでおりました。

     

       

     

    私もあの頃の母の年齢に近づいたからか。

    何となく、その気分がわかるように。

     

    朝、暑いですが、いつもより多めのお茶の葉に熱いお湯を投入。

    お茶は熱いお湯で淹れると渋み成分やカフェインが抽出しやすくなります。

    熱いお湯でお茶を入れると渋い、苦い、と言われるのはこのためです。

    しかし、この季節。

    身体にパンチを入れたい!

    そんなときは、躊躇なく熱いお湯で。

    抽出時間は1分くらい、いつもよりも短め、です。

     

    飲むのは、湯呑みに注いでしばらく置いておけば、ふうふう言いながら飲まなくてもいいよね。

    朝のあわただしい中にも、しばし心を落ち着かせる瞬間。

    なかなか、よろしい、ですよ。

     

    <ご注意>

    カフェインは利尿作用があるので、脱水時にはお茶やコーヒーは向きません。

    あくまでも、くつろぎのために。

     

     

       

     

    水出しのお茶。

    ポットに1人当たりお茶の葉ティースプーン軽く山盛り1杯、ペットボトルの水(軟水)を100〜150ccを投入。

    冷蔵庫で2時間ほど。

    グラスに注ぎ分ける前にサッと撹拌するとよいと思います。

     

    水出しのお茶は、あまり上等でなくてもよいのです。

    白折れ(茎茶)は、お安く美味しいので水出しにうってつけ。

    ワイングラスはお勧めです。

    香りがグラスの中で対流しやすいから、でしょうね。

     

     

     

     

     

     

    | お茶の間 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 10:53 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2126
      トラックバック