CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし あれこれ 暑いよ!!! | main | 今日も平戸で庭ぐらし 命の水 >>
今日も平戸で庭ぐらし 無題
0

    日が暮れるのが早くなってきましたね。

    今日は、7時半時点で真っ暗。

    台風19号20号が連れてきた暑さと湿気からなかなか解放されない毎日ですが、それでも日が短くなり、秋が近づいている、と思いたい。

    一方、紫蘇の穂がまだ上がる気配も無く。

    微妙。

     

     

    元SMAPの香取真悟君が帝国ホテルに、自分でデザインしたお洋服のお店を出したそう。

    ブランド名は、ヤンチェオンテンバール。

    オランダ語だそうです。

    やんちゃとお転婆、という意味だそう。

    ということは?

    やんちゃ、とか お転婆ってオランダ語だったの?

    知りませぬでした。

     

     

    2016年に平戸の中野窯跡が日本遺産になり、このブログに書いたことがありました。

    それが、ここ1ヶ月、よく読んでいただいている様子。

    何が受けたのかは、よく判らないのですが。

    その時の記事はこちら

     

    その中で、平戸に収蔵館があるとよいね、と書きました。

    今でもその思いはあって、商店街の空き家を利用すれば、平戸の歴史的建造物の特徴を見てもらいながら、平戸に残る歴史史料も目にすることが出来て。

    観光スポットになり、平戸の大切なものを散逸から守ることもできるでしょう。

    スタッフや運営者の問題は、いっそ役所の文化遺産課も丸ごとそこに移してしまう!とか(世間知らずオバサンのセリフまるだし)。

    でも、せっかく貴重な中野焼きのコレクションとか。

    いろいろあるので、検討の価値はありそうな。。。

     

    そう思っていたところ、今日の西日本新聞3面の「消えゆく文化財」。

    テーマは、過疎化や高齢化で保持できなくなった仏像や焼き物、絵画などを寄贈したいと言う話が全国的に増えている、というもの。

    その数が半端なくて、絞り込みをせざるを得ない状況。

    しかし、絞りこんでみたら、実は大切なものを見落として流出に繋がってしまう、ということにも。

    どうする?

    というのが今日の記事の大まかな所です。

     

    人口減少の問題は、こんなところにも。

     

    とはいえ。

    平戸にも、古くからの家が沢山あります。

    最低限、その家に伝わる貴重な史料が、よくわからないまま燃えるゴミ、不燃物などになって失われるなどということが無いように、と思いますね。

     

    それから。

    空き家の問題。

    古い家をただ古い家とひとくくりにするのではなく、概ね100年ほど経っている家については解体したり人の手に渡す前に1度、きちんと調査して委員会などの審議に掛けるほうがよいのでは?

    よい建物については、それなりの活かし方をする方が平戸の益になると思いますよ。

     

    平戸はよいものが沢山あって、どれから手をつけたらよいか判らんとよ。

    という話があります。

    沢山あることが即、平戸の価値。

    沢山あるからやらない、というのはもったいないことです。

     

    観光資源をみがく、とか。

    シビックプライドの醸成、とか。

    ちゃんとやれば、平戸は勝ち組になれるのに。

    言うだけでは何も動きません。

    少数の人の強い思いだけでも難しい。

    多くの人が同じ思いを持たなくては。

    そこに主役脇役は無く、ただ役割分担があるだけです。

     

    勝ち組になれる可能性を秘めている。

    と、満足してン10年。

    そろそろ脱皮をしようよ。

    と、オバサンは思うのですよ。

     

    京都を見てごらん!

    よいものが沢山あるからどれから手をつけたらよいか判らん!

    などとは決して言わない。

    ちゃんと価値を精査して、稼げる町になっているじゃない。

    それどころか。

    今や、どんなものにも稼ぐ種を見つけて、なお一層稼げる町になっているでしょう。

     

    平戸と京都とは違う。

    という反論について。

     

    確かに平戸と京都とは違います。

    違うから、平戸にも稼げるネタがあるのです!

     

     

     

     

    | 日記 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:32 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2140
      トラックバック