CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日も平戸で庭ぐらし 飛鸞(ひらん)冷やおろし | main | 今日も平戸で庭ぐらし 満月 >>
今日も平戸で庭ぐらし 秋の日のヴィオロンのためいき
0

    何だろうね?

     

    何もやる気が出ず、気持ちは高揚せず。

    「秋の日のヴィオロンのため息の身にしみて、ひたぶるにうらがなし」の気分。

    (ヴィオロンのヴは、本当は「ヰに点点」)

     

    昔から(=若いころから)秋が来ると気分は落ち込む性質。

    秋は血圧も上がるし。。。

    ところが、今年はあまり落ち込まないので、先月のひっくり返りで終わったか、と思うておったのに。

    数日前から突然に来た!

     

    何もやる気が出ず、気持ちは高揚せず。

    やれやれ。

     

     

     

    とはいえ。

    昨日、今日、平戸はよいお天気。

    毎年恒例の秋まつりが商店街を中心に開催されています。

     

       

     

    新町の森酒造場では。

    おくんち料理を頂くことが出来、振る舞い酒は「どうぞご自由に」だそう。

    訪ねた昨日午後は、ライブコンサートで盛り上がっているところでした。

    今日の商店街も、沢山のお客様が歩いていたし。

    よかったね!

     

    イベントで人が来るのには。

    やはり、地元の人が着実に積み重ねてこそ。

    雨が降ったり、どうして今年はお客が少ないのだろう?などの苦節(?)を乗り越え、腐らず続けることが集客に繋がりますね。

    よそのイベント業者の「これをやれば人は来る」と殺し文句(?)をちらつかせての営業は、あまり実が無く。

    そういう意味では、平戸商店街の秋の食べ歩きイベントは、とてもよい成功例だと思いますよ。

    成功例として、もう少し全国に発信してもよいのに、ね!

     

     

     

       

     

    丹波篠山の立派な栗を頂いたので、渋皮煮に。

    秋のお楽しみ。

     

       

     

    図書館では、山ホトトギスの花が。

     

    そういえば、囲炉裏料理のエビス亭にも山ホトトギスが咲いている、と紹介されていましたっけ。

    その様子は、こちら

     

       

     

    今日久しぶりに訪ねた「ぎゃらりぃ上町」にも山ホトトギス。

     

    秋の野花、いいね!

     

    ん?少し元気が出てきました。

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 11:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 11:24 | - | - | pookmark |
      コメント
      Oodles of noodleさま

      コメントありがとうございます。

      穴ぐらから這い出したら、改めてお返事しますね。
      ごめん。。。。。
      | 今日も平戸で庭ぐらし | 2018/10/24 10:29 PM |
      こちらのブログでよく紹介されるプティタプティやスモールバレーのタルトが縁あって同時に手元に届きました。
      プティのタルトは都会的。素材の持つ微妙な味の違いを楽しみました。
      スモーバレーのそれはお店の名前から緑深い谷間の森を想起させるか、素朴なホームメイドの味がしてきます。ホームメイドと言っても自分でタルト生地をうまく焼くことができるかといったらそれは無理。成功した試しがありません。プロだからこその手業にお任せしたが良かろうという話ですね。
      飲み物といえばコーヒーを専らにする私がタルトの時は断然紅茶だと実感しました。
      また、写真のカマスの棒鮨を見てこれもお取り寄せ出来るなら良いのにと思わず食指が伸びそうに。

      道路拡張工事の様子や平戸おくんちの写真など紹介してくれていつもありがとうございます。
      | Oodles of noodle | 2018/10/23 9:59 AM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://hanausagi2010.jugem.jp/trackback/2154
      トラックバック