CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
今日も平戸で庭ぐらし 晩秋の糸島
0

    ボラの卵を求めて3000里。

    というほどではないものの、今年は出遅れたのでボラの卵に巡り合うのが大変でした。

    ボラの卵のことは、明日ね。

     

    ボラの卵は、最近は唐津まで出かけています。

    そのついでに。

    晩秋の糸島へ。

     

       

     

    あいにくの雨模様。

    糸島は、海に面しながら南側には山脈があり、その尾根と尾根の間の谷に、集落があり。

     

       

     

    尾根の奥にあるスモールバレー・デザート・カンパニーへ。

     

       

     

    銀杏が散り始め。

    もう少し早くお天気の良い時に尋ねていたら、もっと紅葉がきれいだっただろうと悔やまれるところ。

    それでも雨にけぶる景色は、それはそれで風情。

    と、負け惜しみ半分、でも本音も半分よ。

     

       

     

    今年の林檎のタルトは、終了しました。

    何せすごい人気ですもの。

    契約している林檎農家の林檎全部を買い取ってのタルトづくり。

    それでも食べたい人は引きも切らず。

     

    今日は、林檎のタルトは終わって、クリスマス前の忙中閑のひとときとお見受けしました。

    とはいってもマダムはスタッフの女性と次々に作業中。

     

    私はオバサン、マダムはなぜマダムか?

    と、ちらと考えた。

    マダムは、あの忙しい中、忙しさを顔には出さず、常にふわりと来客と会話し、しかも作り出すお菓子は美味しくて。

    そこらへんの余裕力、がマダムのマダムたるゆえんでしょうかしらん。

    お召し物は、いつも独特におしゃれだし。

    かなわぬ。

     

    今日は、チョコレートケーキを久しぶりに頂き、友人にアソート(いろいろな種類の焼き菓子が楽しめる)を送り。

    ボラの卵も買えたし。

    よい気分転換の小旅行でした。

     

       

     

    家に帰ると、平戸ではあまりきれいに色づかないモミジが、今年はきれい。

    天気なら、日の光を浴びて一層きれいだったろうに、と思いましたが、明日も雨らしいので今日写真に収めました。

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今日も平戸で庭ぐらし 無題
    0

         

       

      図書館から借りてきて読んでいる本です。

      まだ、途中。

       

      新潟県村上市は、お茶の経済的生産地としての北限。

      あまり知られていませんが、美味しいお茶の産地です。

      そして、春には古いお庭の公開が行われるので、同じ古い庭の公開を行っている平戸とすこ〜しお友達(と思っています)。

      村上のお庭の公開が始まったのは、ここ数年のことなのですが、なんと!100庭園と銘打っての公開。

      すごいね。

       

      そのほか。

      ひな祭り(人形さまめぐり)は、毎年そのころになると話題に上るほどですし。

      いろいろな活動が活発の様子。

      どうしてなのだろう?

      近いのなら行って話を伺いたいもの、とずっと思っていました。

       

      その願いが通じたのか(?)、「まちづくりからの小さな公共性〜城下町村上の挑戦」という本が図書館に入りました。

       

      字が小さいので、ということはぎっしり書かれているので、初めはちょとしんどそう、と思いながら読み始めましたが、よく私の疑問に応えてくれるのでグイグイ読んでいます。

       

      そのうち、読み終わったら改めてご紹介したいと思っていますが、一方で平戸は、という愚痴にならないようにするにはどう紹介するのかな。

      というところを考え中、です。

       

      来週くらいには返却しますので、ご興味のある方、ご一読を。

       

       

      お知らせ。

      明日は、ボラの卵とアナゴの仕入れに遠出しますので、このブログをお休みさせていただきたいと思います。

      夕方までに帰ることが出来たら書くかもしれません。

      御用のある方。

      携帯の方へ連絡を頂くか、家に弟がおりますので、お伝え下さい。

       

       

       

       

      | 日記 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      今日も平戸で庭ぐらし ひっつき虫
      0

        山登りをする方は良くご存じかもしれませんが。

        この季節、服にくっつく種、多いです。

        ひっつき虫なんて呼ばれていますよね。

         

           

         

        左から、金水引(キンミズヒキ)、盗人萩(ヌスビトハギ)、小栴檀草(コセンダングサ)の種。

        気が付いたら1個付いていた、というくらいなら良いけれど、大抵の場合、気が付いた時にはどっさりと付いていて「ぎゃッ」ということ多し。

         

        ほかに、イノコヅチの種、などもよく知られています。

         

        付いたらなかなか取れないし、本当にイヤ。

         

         

        今日は、夏の間マダニが怖くて入らなかったヤブの整理。

        出てきたときには、上っ張りにはよくぞこれだけというほど付いておりましたわ。

         

         

           

         

        金水引の種。

        花は大好きです。

        種は嫌い。

        オバサンは、わがまま。

         

        先日、私としては珍しく、スカートを履いてお出かけ。

        ふと見ると、ストッキングに沢山金水引の種が付いていて、もう山出しオバサン丸見えの態。

        人に会う前に気付いてようございましたけれど。

         

           

         

        小栴檀草。

        これは、花も種も嫌い。

        黄色い花が咲くのですが、花を見ただけで種にすぐ結びつくので好きになれず。

        ただ黄色い花は良く目立つので、なるべく花のうちに引っこ抜くようにしていますが、抜きもれが結構あります。

         

           

         

        盗人萩。

        こいつは、本当に厄介。

        根がしっかり張るし宿根なのでなかなか減りません。

        それどころか、毎年大量の種を作るので、困りもの。

         

        夏の終わりにきれいな花を咲かせるのですよ。

        それにだまされたね。

        おやきれい、と抜かないでおいたら、あら大変状態なう。

         

         

         

           

         

        イベントをする時、ちょと小物を固定したり、画びょうを使わずに何かを貼る、という時に便利。

        用が済んだらすぐはがせて跡が残らないすぐれもの。

        ちょと粘着力が弱いけれど重宝しています。

         

           

         

        これは、飲み物に付いているストローを固定してある粘着物。

        マウントレニアとかいうコーヒー飲料のものが良いのですが、とっておくとイベントの時、役に立ちます。

        見えないように何かを固定するなどに便利。

        あのコーヒーを飲んだらこの粘着物を丁寧にはがし、いつも携帯しているビニール袋へ。

        いじましいほどの努力、だね(自画自賛)。

         

        ただ難点は。

        粘着力が強いので、ビニール袋のチャックを開けるのが大変なのよね。

        奥の方に入れておけばいいのだけど、くっついて奥まで行かないのよ。

        というほどの粘着力の割に跡を残さず。

        かなりすぐれものの「ひっつき虫」。

        イベントをする方へ、お勧め。

         

           

         

         

           

        | 日記 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        今日も平戸で庭ぐらし 無題
        0

          ふつ、と書くことが途絶えてしまいました。

           

          あえて言えば、ないこともないのですが。

          あまり過激なことを書くのもね。

           

          熊本市議会議員の女性が赤ちゃんを議場に連れて行ってしまった問題。

          確かに、議場は神聖な場なので、赤ちゃん連れというのはどうでしょうね。

          でも、そこで何の前触れもなく赤ちゃんを議場に連れて行ったのはけしからん振る舞いだと断じるように言うのも、随分と配慮の無い話。

          どうしようもないので、連れて行ったのでしょうから。

          多くの人がこの状況を見て感じたのは、女性議員が活躍できるよう保育所を確保する、これに尽きるのですが。

          そこのところを飛ばして、けしからんだの、涙を見せたのは「女の武器」の乱用だのという話に持ち込む政治家は、あまりにも時代錯誤。

          このような状況があるので、女性議員(特に地方で)のなり手が少ないのは当然ではないでしょうかねぇ。

          それどころか、女性が入ると男性の論理でことが進まないので、何とか女性を入れないようにしているのではないかとさえ。

           

          女性にも議員になる権利があるので正々堂々立候補をすればよい、というのは正論のようで、実は違うと思っています。

          欧米でも地方議会への女性の進出が遅れており、それを促すためにさまざまの工夫がされています。

          例えば、アベック立候補、などというのはその一例。

           

          10月に行われた平戸市議会議員選挙、同じく雲仙市議会議員選挙、どちらも女性の立候補すらありませんでした。

          やはり、20〜30%くらいは女性にならないと。

          当選してみたら女性は1人だった、というのでは辛いですものね。

           

          1回だけでも女性が議員になりやすい、なにかきっかけのようなことをしないと、いつまでも女性は女性の意見を女性の口から伝えることが出来ませんね。

           

           

           

           

           

           

           

           

          | 日記 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          今日も平戸で庭ぐらし 平戸ワークショップ
          0

               

             

            昨日、平戸オランダ商館にて日蘭建築家協会による「平戸ワークショップ」が開催されました。

            約50名の参加。

             

            実は、2002年の昨日(11月23日)、もしかしたら2001年だったかもしれぬけれど、同じように平戸の景観を考えるワークショップが開催されたのでした。

            あの日のことを思い出し、感慨深いものあり。

             

            あれから15年も経ちました。

            あの時のワークショップは、とてもよいものでしたが、その後の平戸の景観づくりは必ずしもうまく行っているとは言い難い現状。

            ワークショップの運営者と、その後実際に景観づくりに携わった人たちが別だったことが、大きな原因、ですね。

             

            上手く行っていない現状をもう少しどうにかならないものか?と思っていた矢先の昨日のワークショップでした。

             

             

            オランダは、建築の分野では世界的にリードしていて、日本からも1年に100人くらいの建築家が留学して学んでいるのだそう。

            私は、実際に見たことはありませんが、オランダの建築は画像などで見る限りすっきりとして且つ斬新なのが特徴。

            そのオランダから3名の建築家、オランダ系の景観デザイン会社から日本人の建築家、その他建築を学んでいる大学生などがチームのメンバーでした。

             

            プレゼンテーションが始まり、まず、開口一番「駐車場が多すぎます!」と。

            確かに!

            それどころか、平戸港を埋め立てて駐車場を造ろう、という話まであるのを常日ごろ苦々しく思うていたので、よくぞ言うて下さいました!の気分。

            その後も、建物の改修をもう少し現代的に、中途半端に新しい建物の外観をもう少し周囲に溶け込むように、空き地に建物を建てるなら、現代的でもこのようにすればどう?などの提案が提示されました。

            平戸港には、ガラス張りのマーケットプレースを。

            どれも確かに素敵。

             

            平戸の町並みも、近年の一斉改修でそれほど歴史的な背景に基づかない姿になってしまっているので、オランダ人から提案された斬新案に基づいて手を入れてもいいのでは?と思わず錯覚するようでした。

             

             

            でも、平戸は、景観を美しくするために大量の資金投入を行った後。

            その結果があまり良くないから、またお金を掛けて良くしよう!

            というように出来るのかどうか?

             

            昨日の会場でも話したことですが、今ある状態をベースにして改善策を考える、というわけにいかないのかしらん?と思うたことでした。

             

            でないと。

            何かやってはそれを否定して新しくし、またそれを否定する人が現れて・・・

            これを繰り返していたら、町の歴史を積み重ねることは出来ないでしょう。

             

             

            本当を言えば、ホームドクターのように、同じ専門家が町の景観も見続ける方が一貫性があってよいのでは?と思っています。

             

             

            今回のワークショップは、1つの提案としてとても意義深いものがあったと思いますが、これから市はどのように彼らと関わっていくのか。

            コンサルタント料もかなりのものになるでしょうし。

            刺激的なお話しにやや興奮しつつ、慎重さがまず大事、という印象を持ちながら家路に。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 日記 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今日も平戸で庭ぐらし 小雪
            0

              昨日から暦の「小雪」になっていました。

               

              そういえば、北国からは雪の便りが。

               

              今日は、「勤労感謝の日」。

              昔の「新嘗祭」ですね。

              平戸は残念ながらあまり美しい紅葉を見ることはできないのですが、各地で紅葉の便りも。

               

              今日は、平戸オランダ商館で開催される(らしい)、「平戸ワークショップ」へ。

              平戸オランダ商館のフェイスブックを見ても、告知が無いので本当にあるのか、実は心配をしているのですが。

              先日から平戸に入っている日蘭建築家協会による、平戸のポテンシャルを探るワークショップです。

              明日は、そのご報告を。

              | 日記 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              今日も平戸で庭ぐらし 酒饅頭変身!
              0

                   

                 

                松浦鉄道・たびら平戸口駅近くの坂口屋さん。

                酒饅頭で有名なお店です。

                福岡あたりからもわざわざ買い求めにやって来る、と聞きました。

                それくらいのことは当然あるでしょう。

                というくらい美味しい。

                 

                上の写真は、その酒饅頭です。

                ふかしたてを包んでくれるのですが、今や晩秋というか初冬というか、寒いよね。

                家に持って帰ると冷めていることも。

                 

                やはり、ふかしたては美味しい。

                気候の良い時は、冷めていても美味しいと思いますが、そろそろ温かい方がいいね。

                 

                というわけで。

                初めは、レンジでチン!とやっていましたが。

                最近は。

                 

                   

                 

                オーブントースターで焼くと、皮全体がカリッとして大そう美味になることを発見。

                本当に美味しいんだから!

                 

                今日も、佐世保のクリニックに行った帰り、家に帰り着いたら酒饅頭でお茶にしよ!

                と、坂口屋さんへ。

                 

                6個買い求め。

                坂口屋さんの奥様に。

                ね、お宅の酒饅頭、オーブントースターで焼くと美味しいのよ、と。

                 

                すると。

                 

                   

                 

                これは、坂口屋さんバージョン。

                フライパンで焼いたら、カリッとするだけでなく、もちっとするところもあり、見た目もおしゃれ、と。

                やってみたら、なるほど。

                まず、美意識で負けたかもしれぬ。

                そして、夫曰く、やはりこっちの方が美味しい、だそう。

                あえなく我が家バージョンは、敗退、かもね。

                 

                やはり作っておられる方の提案は、一味違っておりました。

                美味しいので、ぜひ、お試しくださいませ。

                 

                 

                | 日記 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                今日も平戸で庭ぐらし 平戸の観光、どうする勉強会
                0

                      

                   

                  昨日と同じ写真でごめんあそばせ。

                   

                  この部屋、埋まるかしらん?と心配しましたが。

                  溢れたらどうするか、なぜ考えておかんのか?と夫に叱責されるほど、でした。

                  予想もしなかった。。。

                   

                  夜7時、開始。

                  前半は。

                   

                     

                   

                     

                   

                  こんな資料を見ながらのお話し。

                  流石県庁。

                  情報収集力、すごいです(-_-;)、と顔文字を付けまする。

                  15ページあったよ。

                  最後の結論は、「『観光まちづくり』は、身近な『地域づくり』からも取り組む事が出来る。」だった。

                  むううう。。。。。

                   

                  でも。

                  後半、平戸側で観光に実際に関わっている人達の反撃(?)。

                  一昨日前から平戸に入っているオランダ人建築家と日本の研究者チームの見識豊かなお話し。

                  なかなか、でした。

                  これだけで、やってよかった!

                   

                  やはり、平戸の観光の底上げは必至で、それを具体的にどうしたら達成できるのかについて。

                  ゆっくり話す機会が必要、と感じました。

                  個人個人で勝手に考えていてもダメで、ある程度まとまった人たちが、共通の考えを持っていなければ難しいでしょう。

                   

                  明後日23日(勤労感謝の日)、平戸オランダ商館にて。

                  午後2時30分から、日蘭建築文化協会による「平戸ワークショップ」が開催されます。

                  参加は誰でも自由です。

                  その場でもいろいろな話が出ることと思いますが。

                  地域資源を磨く、など長年に渡って言われ続け、何もなされていない現状をよくよく見つめ直さなければ。

                  実際は、どう磨くのか、誰も分かっていなかったし。

                   

                   

                  1泊5万、10万取れる宿泊設備がなければ、という意見についても。

                  そういう宿泊設備を運営しようと思う人が平戸を魅力的に感じていないから、でしょう。

                  なぜ魅力的でないのか。

                  そこらへんに向き合うことから、ではないでしょうかねぇ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 日記 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  今日も平戸で庭ぐらし 嬉しかったこと
                  0

                       

                     

                    平戸市新町にある酒蔵・森酒造場の明治蔵が長崎県の「景観資産」に登録されました!

                     

                    数日前、酒蔵の前を通りがかると「景観資産」であることを示すプレートを付けているところ。

                    額縁を付けアクリル板で保護した、なかなかの出来栄え。

                     

                    蔵主さんご夫妻、今春修行から戻られた息子さん、一生懸命にやっておられるので、こうやって1歩前進するのを横で見るのも嬉しいことです。

                     

                    新しくバージョンアップした「夢名酒」の新酒が出来たので、杉玉も新しくなりました。

                    今年の杉玉はよく出来ているね!と言ったら、今年は息子さんが作られたとか。

                    なるほど、そうだよね、それしかないよね、と笑ってしまった。

                    因みに、昨年までは・・・あ、書かないことに致します。

                     

                    ちょとしたことでも酒蔵に笑いが響くのは、いいもの。

                     

                     

                     

                     

                    さて、今夜は、第3月曜日なので「車座勉強会」の日。

                    今日は、長崎県庁からゲストスピーカーをお招きしての勉強会です。

                    「観光資源の価値を高め、ワンランク上の観光町づくりをするために」

                    が、テーマなのですが。

                     

                    県からはお2人みえると連絡が入っています。

                    さて、参加者は。。。

                    5名、とかだったらどうしよう。

                    スリル満点なう、です。

                     

                    明日は、今夜のご報告が出来れば、と思っています。

                     

                       

                     

                     

                     

                    | 日記 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    今日も平戸で庭ぐらし 今日も寒かったね
                    0

                      北の方では雪のニュース。

                      11月も下旬ですものね。

                      でも急に来たので、寒さが身にしみます。

                       

                      今日は、寒いと言いながら石段の掃除。

                      ドングリが大量に落ちるので、石段を下りる時丸いドングリを踏んでスッテンなどということが無いようにお掃除。

                      でもでも。

                      石が蓄冷しているので、手が冷たいのなんの。

                      今年初めてかじかみました。

                       

                       

                       

                      今日から平戸には、日蘭協会の肝いりで、平戸の中心地区に対してこれからのポテンシャルに対し調査提案を行うワークショップチームが入っています。

                      23日まで(だったと思う)。

                      主にオランダの建築家が中心になって10数名ののワークショップチームです。

                       

                      平戸は、美しい自然景観に恵まれていますが、それで「平戸は景観が美しい町」と思いこんでいるように思います。

                      確かに自然景観は美しいけれど、本当に美しい景観は人が創り上げるもの。

                      その部分について。

                      オランダの建築家はどのよう感じるのだろう?

                      とても楽しみにしているところです。

                       

                      ただ、せっかく平戸にいらっしゃったのに、よりによって寒い時に当ってしまって。

                      大変でしょう。

                      最終日は一般の市民もワークショップに参加できるそうですので、このブログでもご紹介したいと思います。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 日記 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      << | 2/168PAGES | >>