CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
今日も平戸で庭ぐらし ようやく繋がった(?)
0

    我が家はイベントをやります。

    やるからには、閑古鳥が鳴いてもOK、というわけにはいきません。

    お客様の開拓、マスト、です。

     

    以前から思っていることなのですが、佐世保に行くのと佐賀県伊万里市に行くのは、ほとんど距離的には同じ。

    佐世保からあれだけお客様が来て下さっているのに、伊万里からは来ていただけない。

    どうしてかと言うと、県が違うので、メディアが違い、情報が伝わりません。

    頼みの綱は、口コミ。

     

    長崎県内に配達される新聞の地方欄は、長崎県内で起こったことが掲載されます。

    九州圏内でよほど大きなことが起きれば他県のことが地方版に載ることもあるでしょうけれど、概ね長崎は長崎のこと、佐賀県の新聞の地方版は佐賀県のことを扱うわけです。

     

    テレビも同様。

    でも、県境、どうなっているのかしらん?

    県境で電波がスパッと分かれている、とも思えませんが。

     

    というわけで、何年か前は、伊万里まで「営業」に行ったこともあったし、行政にどうにかならんのか?と直訴(?)したこともあったけれど、あまり効果無かった。

     

    最近は、おかげさまで、伊万里からぼつぼつと来ていただけるようになりました。

    ありがたいことです。

     

     

    さて、今日の本題。

     

    このほど、長崎県の文化観光国際部観光振興課と佐賀県の文化・スポーツ交流局観光課とが連携し、「SとN」という冊子を発行しました。

     

       

     

    冊子の表紙、です。

     

    佐世保から伊万里を経由して有田までをつなぐ「松浦鉄道」。

    途中には、もちろん「たびら平戸口」駅もありますよ!

    この沿線にある、美味しいお店、見所、おしゃれなもの、いろいろ、紹介されています。

     

       

     

    全部、カラ―。

     

    この冊子を片手に、今年のゴールデンウィークあたり、トコトントコトンと松浦鉄道に揺られ、沿線の景色を眺めながら、掲載されているお店をt訪ねてみる。

    何だかワクワクしますね。

     

     

    こんなの、待っていたのよ!

    厳密にいえば、こう言う冊子を待っていた、というより、県際的に行政レベルで連携して観光を活性化しようという取り組み。

    ようやく来たか、の感もありますけれど、まず、嬉し。

     

     

    この冊子は、無料で頂けるのですが、どこにあるかしらん?

    問い合わせは、

    佐賀県文化・スポーツ交流局観光課

    ☎0952−25−7098

    長崎県文化観光国際部観光振興課

    ☎095−895−2645

     

     

     

     

     

     

     

    | 日記 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今日も平戸で庭ぐらし 草を取り、草を取る
    0

      来週なんだって、庭の公開!

      間に合うか〜!状態、なう。

       

      だって、雨続いたし。

      寒くて風が強かったし。

      (言い訳)

       

      おまけに。

      道路端には、もう「お庭公開中」の看板、設置されておる!

      まさか、今週末、というわけではないよね、と思わず指折り数えてしまった。

       

         

       

         

       

      皆様、お庭の公開は、22日(土)、23日(日)です。

      お間違いなきよう、よろしくお願いいたします。

       

       

         

       

      少し、咲き始めたツツジ。

      手前の木は、まだ蕾が堅い状態。

       

      とにかく、時間があれば草取り、草取り。

      今は、とにかく草を取る。

      これに尽きる状態、です。

       

       

       

      昨日の真央ちゃん。

      ちょと涙ぐむシーンもありましたけれど、晴れ晴れとしておきれいでした。

      今日の新聞でも、各紙、とてもよい写真を掲載していました。

      まだまだお若いのに、大変な重圧でしたから、しばらくはゆっくりとして欲しいですね。

       

       

       

       

      | 日記 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      今日も平戸で庭ぐらし ようやく
      0

        ようやく、雨が上がり、風もおさまり、温かくなりました!

        続いてほしい。。。

         

           

         

        フデリンドウ(筆竜胆)咲きました!

        この時期にこれほど鮮やかな青色の花はほかに見当たりませんから、小さな花でもすぐ目に留まります。

         

           

         

        ニワザクラ。

        我が家のは、白花、です。

        八重。

         

           

         

        ツツジの間からニワウメの花も顔をのぞかせていました。

        昨日、蕾がかなり膨らんでいましたので、今日の温かさで、一気に開花。

         

        ニワウメは、上のニワザクラの近縁種。

        ただ、こちらは、一重。

         

        祖母が植えたらしいニワウメは、枯れたかと思えば、けっこうしたたかに生き残っていて、春になると、可愛い花を見せてくれます。

        この後、夏ごろに赤黒い実がなります。

        ブルーベリーの近縁種とも聞いたことがあり、食べられるのだとか。

        実がなっている時も、風情があり、お茶花にも。

         

         

        今日週刊誌の広告を見ていると。

        要するに、認知症にならないようにする、というテーマなのですが。

        「日記に書いた内容を忘れる」のと「日記を書いたことを忘れる」のでは違う、のだそう。

        さて、どちらが問題かしらん?

        「ブログに書いた内容を忘れる」のと「ブログを書いたことを忘れる」と置き替えて見た。

        やはり、「書いたことを忘れる」方が問題でしょうかね。

         

        夫に聞いてみた。

        「食べたご飯が何だったか忘れる」のと「ご飯を食べたかどうか忘れる」と置き替えてみればすぐわかる、と。

        なるほど。

        と思った途端、夫から追撃。

        その区別が分からんようでは、問題だから、調べてもらったら?

         

        これは、強烈な一撃。

        心配になってきた。。。

         

         

         

         

         

        | 日記 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        今日も平戸で庭ぐらし 六音(ろくね)窯 春の窯開き2017
        0

             

           

          大村市東大村にある六音窯の「春の窯開き」。

          9日(日)〜16日(日)

          10時〜18時。

          問い合わせは、0957−50−0770

          六音窯のHPは、こちら

           

          六音窯の器は、いつもどことなくおしゃれ。

          どのように説明したらよいものか。

          やはり窯主の松尾さんのお人柄によるもの、でしょう。

           

          毎年恒例の「春の窯開き」。

          ご案内を頂きながら、当方、この時期は庭の公開の準備中。

          行く機会が無いのでとても残念。

           

          今年は、写真のような「べんり小鉢」が多数出るようです。

           

          「写真の小鉢は、「べんり小鉢」という名前があります。

          数年前、自分用に刺身醤油皿として作ったのが始まりで、今ではいろんな用途に、いろんな食卓で使われています。

          小さな器ですが、自分のモノ作りとはこういう事なんだと教えてくれた大切な器です。」

          と、添え書きがありました。

           

          醤油皿として作った、とあるので、小さいのかしら?

          1人用の玉露を「しずく茶」として楽しむのにもよさそうに見えますが。

           

          近くの「そば正」さんでは、期間中「炙り鴨ざるそば」を六音窯の器でお出しになるそうですよ。

           

           

           

           

          ここ数日の寒いこと。

          ストーブ無しでは、暮らせませぬ。

          雨も降っているし。。。

           

          今日は、考えて見れば、オープンガーデンまでもう10日。

          きゃッ!何もできておりませぬです。

           

          というわけで、雨の中、草取り。

          冷え冷え致しましたの。

           

          明日は、雨が上がり、温かくなって欲しい。

          夫。

          風が吹いていないだけいいじゃない?と草を取る妻を横目に、図書館へ。

           

          夫は、私の草取りが済んだ時点で、活動が始まります。

          それまでは、楽チン生活。

           

           

          | 日記 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          今日も平戸で庭ぐらし お初もの
          0

            出ました!出ました!

            初竹の子、です!

             

               

             

            昨日、バタバタしていて山に入らなかったので、この大きさならば昨日出ていたかもね。

            とはいえ、嬉し。

             

               

             

            平戸では。

            糠を入れ鷹の爪を入れ、などということは致しませんの。

            掘り立ての竹の子の皮をざっくりと剥いて縦半分割り。

            鍋に入れ、竹の子がかぶるくらいの水を入れ、ワカメを入れます。

            うっそ―という声が聞こえてきそうですが。

            掘り立ての竹の子で、しかも頭の先が黄色い(緑ではない)のは、えぐみがありません。

            ワカメは、あく抜き、というよりは風味づけ、という感じ。

            竹の子とワカメ、よく合いますものね。

             

               

             

            まだ、山椒の葉が小さいけれど、これくらいでも香り十分。

            半分、お昼に頂き、残りは晩酌のアテ。

             

            1本出れば、これからは次々に出ることでしょう(出ないということはないでしょう)。

             

               

             

            ギボウシの芽も出始めました。

            これは、ウルイといって葉の下の白い部分に味噌を付けていただきます。

             

            ギボウシがこれだけ出ているので、ミョウガタケは?と欲を出して見に行きましたが、こちらはまだ。

             

            今日は、1日寒かった。

            明日からは、本格的に温かさが続くようです。

             

            春の食べ物は、大人の味。

            もう少し言えば、日本酒に合いますね。

            竹の子、ウルイ、フキ、ツワ、タラの芽、芽甘草、ミョウガタケなどなど。

            そうそう、ノビルもありました。

            蕨もあるね。

             

            あと2週間でオープンガーデン。

            準備で気ぜわしい日々になりますけれど、春の食材を楽しみながら、庭の準備、致しますよ。

             

             

             

             

            | 日記 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            今日も平戸で庭ぐらし 春の総会
            0

              田舎に住んでいると、近所づきあいが濃厚、と思いきや。

              我が家があるあたりは、新しい住宅も建ち、うっかりすると誰が暮らしているのか、分からなくなります。

              そこで、年に2回の道掃除と春の総会は、近所の方々とお話をするよいチャンス。

               

              田舎はこんなのがあるから嫌なのよね、という方もあるかもしれませんけれど、やはり近所づきあい、大切。

              平戸は、それほど濃厚ではなく、かと言って、ほったらかしでもなく、丁度よいのでは?と思うておりますよ。

               

              さて、今日は、公会堂の桜も咲いたし、総会。

               

                 

               

              例年、1年の町内会活動の報告と、決算が発表されて、そのあと問題事項があれば、ごにょごにょと討議をし、そのあと、幕の内のお弁当が出て、終わり、という段取り。

              そのあと、延々と宴会をしたいオジサマ達は、ズルッと宴会に突入するのですが、宴会に参加しない人はお開き。

              あっさりとしたものです。

               

              今年は、ちょとおまけがありまして。

              総会の前に消火設備の説明をします、という回覧が廻りました。

              消火設備の説明ってなに?

              と興味津津。

              フライパンの油に火が移りました!さあ、これを消します!ブシューッというあれかしら?

               

              ところが、違っていた。

               

               

                 

               

              2年前でしたかしらん、平戸はふるさと納税で日本1になりました。

              全国から、多額の御寄付を頂き、平戸がんばれ!と応援を頂いたのですが、その1部で、消火設備の充実が図られました。

               

              そういえば、道のあちこちに、この赤い箱、見かけるね。

               

              この赤い箱の中に、ホース60m分(20m×3本、アダプターで接続可)が入っていて、消火栓に接続すると水が出て、消防車が来る前の初期消火が出来る、というもの。

              でも、ただ設置しただけでは、使い方、分かりませんものね。

              そこで、今、平戸のあちこちで講習会をしているのだって。

               

              知らなかった!

               

                 

               

              道にある消火栓。

              この蓋を開ける道具も格納庫に入っています。

               

                 

               

              ホースを伸ばしているところ。

               

                 

               

              放水!

               

              1人では無理で、出来れば4人、それも男の人の方がよさそう。

              というのは、水圧が高くて、60キロぐらいの重量を感じるそうです。

               

              そういえば、最近はやらないけれど近くの池で中学生の職業体験。

              消防、という職業体験もあるらしく、池のところで放水体験。

              「ホース、死んでも放すな〜っ!」と教える方の必死の声が聞こえるので、あ、やっておる、とすぐ分かったものですが、最近聞こえませんね。

              このホース、手を放したら暴れて大変でしょう。

               

               

              やはり、話は聞いてみるもの。

              聞かなければ分かりません。

              聞いておけば、それでも覚えているかどうか、と思いますけれど、聞かないより何倍もマシです。

               

              消火栓のコックは、ホースを接続してからひねって下さい!

              などと言うのも、今日はみんな笑って聞いていましたけれど、いざ、という時は気が動転していますからね。

               

              平戸の、特に我が家があるあたりは、住宅が密集していないので、ホースが60メートルで果たしでどれくらい役に立つのか、と思わないでもないのですが、それでも設置されたことは、本当によかったと思います。

               

              全国の皆様、平戸を応援していただいたお金、このように使われております。

              ありがとうございました!

               

               

               

               

               

               

               

              | 日記 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              今日も平戸で庭ぐらし 収穫ゼロ
              0

                昨日から雨。

                しかも気温は一時期に比べ随分高くなりました。

                 

                それなら!

                竹の子、出るよね!

                と、今晩は初ものの竹の子のお煮しめを食べる予定だった。

                買い物も、それに合わせて準備万端。

                さて、竹の子、竹の子、とクワを片手に山に入って行ってみたものの。

                無い!

                 

                こんな年ってあるかしらん?

                 

                イノシシが食べた跡が何カ所かありました。

                まだ地面に出る前のを掘って食べた様子。

                イノシシは、鼻が効くそうですからね。

                でも、全部食べ尽くされたとも思えません。

                 

                今年は、裏年(収穫が少ない年)といううわさもあるにはあるけれど、それでも、こんなこと初めて。

                 

                こうなると、俄然、竹の子、食べた〜い!気分に。

                明日は、出てほしいもの。

                 

                 

                 

                最近レストランでよく見かける変な形のワイングラス。

                 

                   

                 

                買ってしまった。

                 

                もっとも買ったのは、ちょと前。

                買おうかな〜どうしようかな〜と言っていたところ。

                夫。

                椿展の時、椿を生けるのによさそうだから、いいんじゃない?

                ???

                 

                というわけで。

                 

                   

                 

                これだったの。

                ちょとピンボケ。

                容量が大きいので、グラスの中に椿を生けて、おしゃれで好評だった。

                因みに。

                私ではありませんことよ、こんな生け方は私には出来ませぬ。

                ちゃんと、お出来になる方にお願いしましたの。

                 

                さて、椿展も終わり。

                椿は、お茶と同じグループの植物。

                毒は無いし、きれいに洗えば、大丈夫、だよね?

                 

                と、最近マイワイングラス。

                 

                   

                 

                グラスの膨らみの頂点のところまで、ワインを入れまする。

                ここまで入れて、かなりの量。

                うふふ。

                 

                これをチビチビ口に運びながら、晩ご飯の用意。

                至福の時、だね。

                 

                それにしても、このグラス。

                とてもよく出来ている。

                多くのレストランで採用されるはずです。

                口当たりがとてもよく、口周りとグラスの縁がきれいに合うようになっているので、ワインの香りを逃がしません。

                 

                さて、今晩も至福の時の始まりです。

                 

                作りながら、酔っぱらわないようにするのがコツ。

                やはり、刃物を使いますからね。

                手元狂うと、危のうございますの。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 日記 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                今日も平戸で庭ぐらし 藻谷浩介氏講演会
                0

                     

                   

                  5月18日(木)

                  夕方6時〜8時まで

                  平戸オランダ商館2階にて、

                  藻谷浩介氏の講演会が開催されます。

                   

                  平戸商工会議所女性会の主催

                  若手後継者等育成事業の一環、だそうです。

                   

                  講演のテーマは、

                  「西の都・平戸の再興に向け、女性経営者ができること」

                  だそうですが、若い人、女性経営者に限らず、幅広い年齢層の方、職種の方に聴いていただきたい講演会です。

                  入場は無料。

                  問い合わせは、平戸商工会議所 0950−22−3131

                   

                   

                  ここ数年、平戸でまちづくりについて、よい意味で厳しいお話を聴く機会がありませんでした。

                  昨年、久しぶりに商工会議所女性会の御尽力でアレックス・カーさんにお出で頂き、景観を美しくする大切さを語っていただきました。

                  それに引き続き、今回の藻谷さんです。

                   

                   

                  高齢の方でも、この講演会には、遠慮なく出席してほしい。

                  「若い人」が今、キーワードのようになっていますし、若い人たちにより多くのチャンスを用意し、活躍してほしいのはもちろんのこと。

                  でも、若い人たちに全幅の期待を負わせるのは、気の毒、というものです。

                  高齢でも、出来ることはする方がいい。

                  高齢者は圧倒的に多いのですから(特に平戸は)、活躍の場がある方がよいのですが、この年齢層は、自意識が高く(?)問題含みで、出て来て欲しくないという話になりがちです。

                  そして、本当に活躍してほしい経験豊富で博識で思慮深い高齢者が、道を塞がれてしまっているのか、はたまた、ご自分でなりを潜めてしまうのか。

                  もったいないですよね。

                   

                  団塊の世代は、やる気と能力があっても要らない!と豪語する人がいるから(?)余計難しくなるね。。。

                  むっ。

                   

                   

                  おおっ!

                  書いているうちにメラッと来てしまった。

                  自分で炎上してしまいそう。

                  冷静になろう。

                   

                   

                  実は、藻谷さんには、1月、佐世保で開催されたシンポジウムでちょとお話をする時間がありました。

                  とても素敵なオジサマでした。

                  講演会では、厳しいことをおっしゃるかもしれませんけれど、平戸をよくするためにも、きちんと受け止めて考えたいと思っています。

                   

                   

                  また、近づきましたら、このブログで改めてご紹介したいと思っています。

                   

                   

                  今日は、終日雨。

                   

                     

                   

                  ユキノシタの葉裏の雨粒。

                   

                     

                   

                  午後3時ごろ、亀岡神社入り口の写真。

                  あたりが厚い雲で覆われ、夕方のような暗さの中、満開に近づいた桜がきれいでした。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 日記 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  今日も平戸で庭ぐらし オープンガーデン2017
                  0

                       

                     

                    オープンガーデンのDM葉書が出来上がりました。

                     

                    今年は、ちょと趣を変えてみましたけれど、どうかしらん?

                     

                    昨年我が家にお見えになり、芳名録に名前を残された平戸市外の方へは、明日極力発送したいと思っています。

                    平戸市内の方で、ご希望の方は、ご連絡ください。

                    また、当日記帳コーナーにお持ち帰り用の葉書をご用意いたします。

                     

                    今年のオープンガーデンは、

                    4月22日(土)、23日(日)

                    10時〜16時です。

                    今年は、9軒が公開予定。

                     

                    お願があります。

                    いろいろお気遣いを頂いたうえでのことと思いますが、お客様のいらっしゃらない時の方がゆっくりと話が出来るから、と前日に庭を見に来られたり、当日朝早くにおいでになる方が。

                    本当にありがたいのですが、私、さばけないものですから(サクサクものが運ばないものですから)、前日や10時前の朝の数時間は、準備の書き入れ時。

                    申しわけありませんけれど、できるだけ決められた時間内に。

                    もし、そのほかの時間や日にちで見学ご希望の方は、前もってご連絡下さいますようお願いいたします。

                    ご連絡さえ頂ければ、柔軟に対応可能かと思います。

                     

                     

                       

                     

                    今年は、寒かったので、ようやくツツジが咲き始め。

                     

                       

                     

                    地面が散らかっていますが。

                    若葉が展開し始めました。

                    ウグイスも時折鳴くので、庭仕事がとてもよい気分です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 日記 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    今日も平戸で庭ぐらし いろいろ
                    0

                      玄海原発再稼働について。

                      やっと平戸市長も、はっきりとではないものの、再稼働を賛成するのには不十分な部分がある、との意向を示しました。

                      これで一件落着、ではありませんね。

                      民意としては反対、議会も反対の状況下、これだけ時間がかかっては、有事の時の判断は大丈夫なのだろうか?と不安が残ります。

                       

                       

                       

                      宮城県に本社を置くICT関連会社・百戦錬磨。

                      百戦錬磨の人材がそろっている、というのではなく、百戦もすれば会社も人も練磨され、成果も出るだろう、というのがネーミングの由来だそうです。

                      面白い発想。

                       

                      このほど、平戸市は百戦錬磨と事業提携をし、歴史的建造物活用の新たな観光町づくりに取り組むことに。

                      そのスタートとして。

                      平戸城天守閣に2人1組限定で宿泊するプランが明日発表(の予定)。

                      宿泊当日、平戸市より「1日城主」に認定され、お殿様お姫様になりきっていただくのだそうです。

                      詳しいことは、こちらから。

                       

                       

                       

                      文化庁は、京都への本格移転を前に、「地域文化創生本部」を京都市に設置しました。

                      本格的な移転は、2019年の予定。

                      「地域文化創生本部」では、歴史的な建造物や芸術、芸能を活かした地域振興策に取り組むのが狙い。

                       

                      地方にあって、まだ日が当たらない民家の古い庭、あるいは庭園群。

                      寺院や大名の庭園ではないからこそ、その地域の文化や植生を色濃く反映しています。

                      今、少しずつ、こういう小さな庭を大切にしようという研究者が現れ始めているようですが、早くしないと廃園に追い込まれる庭も少なからずあるのです。

                      文化庁にも、その声が届いてほしい、と切に思う日々。

                      東京から京都への移転。

                      平戸から少しは近くなるかしらん?というわけにはいかないものでしょうかね。

                       

                       

                       

                      平戸市出身の作詞家・門谷憲二氏。(以下、長崎新聞4月5日からの抜粋)

                      布施明、山口百恵などの曲の作詞を手掛け、最近では小説も。

                      昨年長崎市を訪れた際、浦上天主堂で被爆マリア像を見て「アメリカの人たちはマリア像も原爆の被害者なのだと知っているのだろうか?」と疑問に感じ、この被爆マリア像を題材に歌曲を作りたいという思いに。

                       

                      歌曲は8曲構成。原爆への怒りや苦しみ、悲しみの感情から始まり、被爆したマリア像の姿を通して人々が平和の祈りをささげるまでを門谷氏が詞で表現。

                      作曲と歌唱は、同じく平戸出身のソプラノ歌手・松口ようこさん。

                       

                      長崎県の弦楽演奏家、活水高校の生徒たちも参加してのレコーディングが始まっています。

                      CDになり、7月12日発売の予定。

                       

                      アメリカへの演奏旅行も実現できるなら、と。

                       

                      多くの人たちが平和を考え、核を武器にすることがどんなに悲惨な結果を招くか考える縁になって欲しいですね。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 日記 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      << | 2/150PAGES | >>